再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ

不動産を少しでもかじっているなら

新築するにあたり
その敷地は

幅員4m以上の道路に
2m以上接していないといけない

とのことはご存知だろう。

 

建築基準法では
さまざまな規定があるが

その規定で何を実現したいのだろう?

 

それは一言でいうなら「防災」だ。

 

例えば

幅員4mの道路に面していないと
火事などの時に
消防車などが隣接できない。

さらに道路に出入りするために
2mは接していないと

消化活動に支障があるのははもちろん
救助も避難も困難だ。

 

建築基準法を読み解くにあたり
防災の観点は
常に持っていてほしい。