新築対策初段|天井の照明器具とレースのカーテンを
設置する

前回は【1級】悪臭がこもらない工夫をするを解説した。意図するところは、悪臭で内見者の心象を悪くしないことだった。

全ての始まりは、内見者を大事なお客様と認識すること、そして入居してほしい入居者像から逆算して考えることの2点。大事なお客様にクサイ臭いを嗅がせてはいけない。肝に命じてほしい。

今回も引き続き、空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。

続いては、【初段】天井の照明器具とレースのカーテンを設置することだ。意図することは次の3つ。

  1. 天候の悪い日や夕方・夜間の内見ができるようにすること。
  2. 窓の向こうの雑多な風景を和らげること。
  3. 強い日差しを優しい光に変えること。

まず、ワンルームなどの単身者向けの物件は、夕方から夜間の内見があることを想定してほしい。このとき、照明がないと暗くてまともに内見ができない。そんな部屋が選ばれるわけがない。そのため部屋の照明は必須だ。また、古い照明の場合なら蛍光灯は新品に変えたい。

次に、窓の向こうの雑多な景色…良くない景色をそのまま見せてはいけない。もちろんレースのカーテンをしても窓の向こうのよくない景色が変わるものでもない。しかし、何も黙ってそのまま悪いものを見せてはいけない。安いものでいいのでレースのカーテンで和らげてほしい。

そして、日当たりの良すぎる部屋ならレースのカーテンがあると柔らかい光に変えてくれて、部屋の印象が良くなる。

また、普通の部屋なら、間接照明が1つほしい。

いずれも大事なお客様が来るなら、お化粧の一つでもするのと同じことだ。

次回は【二段】エントランスまたは各玄関に花を飾ることを解説する。どのような意図があるのか、あなたなりに考えて答え合わせをしてほしい。

関連記事

  1. 新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  2. 新築対策3級|スリッパを置く

  3. 新築対策6級|最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする

  4. 新築対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

  5. 新築対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

  6. 新築対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  7. 新築対策七段|マイソクをリニューアルする

  8. 新築対策四段|保証書と飴を設置する