新築対策四段|保証書と飴を設置する

前回は【三段】POPを5種類以上作成して貼る、を解説した。意図するところは、物件のアピールポイントを確実に伝えること!!だった。

物件の内見には営業マンが同行するが、彼らは営業マンではなく案内係・受付係と思った方が良い。場合によっては「セルフ内見」と言ってお客様1人で内見することもある。

このときに、大家として物件のアピールポイントを確実に伝えるために、POPを活用したい。

今回も引き続き、空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。

【四段】保証書と飴を設置する、の保証書の例と飴の設置例は写真を参照してほしい。

まず、保証書の意図することは、次の1つに集約される。「お客様に不安を解消してもらうこと」だ。

え? それは不動産会社の営業マンの役割”だろう”って?

繰り返しになるが、確認してほしいことがある。彼らを”営業マン”だと思ってはいけない。彼らは単なる”案内係”だ。

例えば、初春の繁忙期。人手が足りないのは、ほんの数ヶ月の間だけだ。そのために正社員を雇うほど経営者は甘くない。

ではどうするか? パート・アルバイトを雇うのだ。もう、お分かりだろう。

こうした季節労働者に、あなたの物件の不安な点を解消できるのだろうか?そりゃームリな話だ。

だからと言って「ケシカラン!!」と業者を怒ったところで、なんら解決はしない。

営業マンが仕事をしてくれないのなら、大家が自ら仕事をすることだ。といっても内見に立ち会うことは現実的ではない。

そこで保証書なのだ。紙に書いて貼っておくのだ。内容は添付写真を参照してほしい。

保証というと大げさだが、至極、当然のことを言っているに過ぎない。だが、内見者は初めて部屋を借りるのかもしれない。そうであれば、業界の常識なんて通用しない。

当然と思うことでも、しっかり確実に伝えることだ。

なお、飴を設置するのは

  • 疲れた脳をリフレッシュ
  • 滞在時間の長期化
  • 味覚にもアプローチ

して印象付けるためだ。

どんな飴がいいのかは、住んでほしい入居者からの逆算で決めればいい。

どのように設置するのかは添付写真を参考にしてほしい。

次回は【五段】入居のしおりを作成して設置する、ことを解説する。

何を言っているのか、わからないかもしれないが(?)、どのような意図があるのかあなたなりに考えて、次回、答え合わせをしてほしい。

関連記事

  1. 新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  2. 新築対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  3. 新築対策9級|入居審査の基準表を作成する

  4. 新築対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  5. 新築対策7級|SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する

  6. 新築対策七段|マイソクをリニューアルする

  7. 新築対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

  8. 新築対策九段|内覧キャンペーンをする