新築対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

前回は【3級】スリッパを置くを解説した。たかが、スリッパ。されど、スリッパ。

全ての始まりは、内見者を大事なお客様と認識することと、入居してほしい入居者像から逆算して考えること、の2点だ。この考えをしっかりとマスターしてほしい。

今回も引き続き空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。まずはコチラだ!!

【2級】メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

どのような意図があるかあなたなりに考えていただけただろうか。いろいろな考え方があるだろう。私たちは次のような意図を持って実施している。

  1. 今ある冷蔵庫や洗濯機が置けるかどうか確認してもらうこと
  2. 滞在時間を増やすこと
  3. この部屋に引っ越してきたことをイメージしてもらうこと

中でも重要視しているのは3つ目だ。人は、イメージすることで行動に移しやすくなるという。この性質を実践する方法はいくつもあるだろうが、少しでも長い時間滞在したり、メジャーで測ったりする今回の方法が一番カンタンだ。

ここで良く言われるのが「ボールペンやメジャーを盗まれたらどうするのか?」ってことだ。

いいじゃないか、それくらいで空室が満室になるのなら(笑)。と思うが、確かに盗まれること自体気持ちのいいものではない。とは言っても、私は盗まれた経験はない。

また、私の主宰する東京大家塾の会員さんから「盗まれまくって困りました」という報告はない。要するに気にしすぎだ。どうしても嫌なら、名前を書いておくといい(笑)。

ちなみにモノ自体は100円ショップでそろう。だが全ての始まりは、内見者を大事なお客様と認識することと、入居してほしい入居者像から
逆算して考えること、の2点だった。

盗まれてもいいように安いものでいいや…ではなく、上記の2つの事項を肝に命じて、メジャー・拡大間取図・ボールペンの3点セットを揃えてほしいと思う。

次回は【1級】悪臭がこもらない工夫をする、ことを解説する。どのような意図があるのかあなたなりに考えてほしい。

関連記事

  1. 新築対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

  2. 新築対策3級|スリッパを置く

  3. 新築対策6級|最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする

  4. 新築対策初段|天井の照明器具とレースのカーテンを
設置する

  5. 新築対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  6. 新築対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  7. 新築対策5級|1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングす…

  8. 新築対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る