新築対策5級|1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングする

前回は、最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップすることを解説した。

不動産会社にヒアリングする前の準備だ。ヒアリングするのもなかなか大変なことなので、効率よく不動産会社を訪問するためにも効果的な業者選びを事前にしておきたいものだ。

今回は、具体的に不動産会社にヒアリングするコツを伝授しよう。具体的な質問は以下の通りだ。

【質問1】1ヶ月以内に成約するには、敷金・礼金・家賃をどのようにしたらいいでしょうか?

【質問2】この物件が決まりにくそうな理由は何でしょうか?

【質問3】広告料はどれくらい必要ですか?

【質問4】どのポータルサイトを使っていますか?そのサイトに掲載していただけますか?

【質問5】管理会社が契約業務を行うので、定期借家でも募集していただけますか?

メインとなる質問は1番と2番だ。質問3の広告料は地域性があるので確認しておきたい。質問4は、主要ポータルサイト3社を制覇するのに確認したおきたい。

質問5は、定期借家でも変わりなく募集してくれると戦術の幅が広がるので確認しておきたい。

ちなみに、5社以上と指定しているのは業者によって回答にバラツキがあるからだ。実践するとわかるが、真逆のことをいわれることも珍しくない。

なお、この段階はあくまでも情報収集が目的だ。まちがっても業者と議論してはいけない。ヒアリングに徹してほしい。

次回は、ヒアリングした内容に基づき募集条件を見直して反映させることを解説しよう。

関連記事

  1. 新築対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  2. 新築対策初段|天井の照明器具とレースのカーテンを
設置する

  3. 新築対策九段|内覧キャンペーンをする

  4. 新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

  5. 新築対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  6. 新築対策四段|保証書と飴を設置する

  7. 新築対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  8. 新築対策七段|マイソクをリニューアルする