新築対策6級|最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする

前回は【7級】SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握するを解説した。

不動産会社にヒアリングする前に「意見」ではなく「事実」をもとに、自分なりの家賃設定などの募集条件やアピールポイントを整理するのに便利だ。

今回は、不動産会社にヒアリングするための準備だ。

企画の初期段階でも賃料や設備について不動産会社にヒアリングしただろう。そのときの業者だけでもいいが、今回はもう少し範囲を広げてもいい。特に最寄駅だけでなく、ターミナル駅にある業者にもアプローチしたい。

もし、あなたの物件の最寄駅が各駅停車だけなら、いきなりその最寄駅で物件を探すお客様は少ないからだ。一般的には、急行などが止まり複数路線の使えるターミナル駅から探し始めるものだからだ。そのため、ターミナル駅に店舗を構える業者を無視はできない。

だが、具体的にどのようにリストアップすればいいのだろうか?単なるリストアップだと、都内であれば100社は超えてしまう。さすがに全部の業者にヒアリングすることはできない。

そこで、私の場合だったり、私が主宰する東京大家塾の会員さんに教えている方法を紹介しよう。

それは、SUUMOに物件を掲載している不動産会社で登録件数の多い業者をリストアップすること、だ。

具体的な操作方法を説明した動画あるので紹介しよう。
https://www.youtube.com/watch?v=cy46uxEjxGI&feature=youtu.be

最寄駅はもちろん、両隣の駅やターミナル駅でも調査してリストアップしてほしい。

次回は、リストアップした業者に実際にヒアリングするためのコツを伝授しよう。

関連記事

  1. 新築対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)

  2. 新築対策9級|入居審査の基準表を作成する

  3. 新築対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  4. 新築対策五段|入居のしおりを作成して設置する

  5. 新築対策二段|エントランスまたは各玄関に花を飾る

  6. 新築対策六段|モデルルームの写真で主要ポータルサイト3社に掲載する

  7. 新築対策九段|内覧キャンペーンをする

  8. 新築対策四段|保証書と飴を設置する