新築対策9級|入居審査の基準表を作成する

前回の【10級】では「最も住んでほしい入居者属性を決める」だった。野球のストライクゾーンでいうところのド真ん中はどこか? にフォーカスすることで、逆算思考の出発点となる。

そして今回は、ストライクゾーンはどこまでか?を決めることだ。

それが【9級】「入居審査の基準表を作成する」だ。

例えば、次のような属性の入居希望者に対して、審査をパスさせるのか? 保証会社を必須にするのか? 定期借家契約ならパスさせるのか? などなどを事前に決めておくのだ。

  • 1人入居
    • 障害者
      • 身体
      • 知的
      • 精神
    • 無職若年
    • 離婚による転居
    • 非正規雇用者
    • 水商売
    • 法曹関係者
    • 生活保護
    • 学生
    • 高齢者
    • 外国人
    • SOHO利用
    • ペット
  • 2人入居
    • 夫婦(子供なし)
    • 婚前(子供なし)
    • 母子・父子家庭(子供1人)
    • ルームシェア
  • 3人入居
  • 法人
    • 中小企業
    • 上場企業

事前に決めておくことで、管理会社からの相談にスムーズに回答できる。入居審査に時間をかけると、入居希望者が逃げてしまうこともあるのでこのステップは重要だ。

もちろん、あとで修正してもいいので、最初は暫定的に決めて良い。管理会社とも相談しておきたい。

続いて、最も入居してほしい人に『この部屋に住んでみたい!!』と思ってもらえる装飾を施したい。

次回【8級】「モデルルームの準備を始める」(外注先と打ち合わせる等)で詳しく解説しよう。

関連記事

  1. 新築対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  2. 新築対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  3. 新築対策七段|マイソクをリニューアルする

  4. 新築対策5級|1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングす…

  5. 新築対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  6. 新築対策五段|入居のしおりを作成して設置する

  7. 新築対策6級|最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする

  8. 新築対策3級|スリッパを置く