新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

新築対策(空室対策集中コース)10級は、最も住んでほしい入居者属性を決めることだ。

難しく考えないでほしい。

例えば、

ドラマや映画に出てくる人物でもいい。
俳優やタレントをイメージしてもいい。
知人や友人でもいい。

入居者属性を決めることに
どのような意味や背景があるのか?

それは「逆算思考」の
出発点になることだ。

この後、8級では、
モデルルームの準備がある。

このとき

住んでほしい人物から逆算して
小物やデザインが決まる。

誰でもいいとなると
デザインのしようがないのだ。

またマイソク(募集チラシ)の
デザインでも同じことだ。

また

家賃設定にも影響してくる。

こういう人に住んでほしい!!

その願いは全ての始まりなのだ。

ちなみに

物件の物理的な要因や
デザイン的な要因と

最も住んでほしい入居者が
マッチしているか
十分に議論し検討してほしい。

仲介会社や管理会社、
コンサルタントや大家仲間にも
話をして思考を深めてほしい。

最も住んでほしい入居者の例
としては次のような感じだ。

18歳
女性
春から大学生
初めての一人暮らし
実家から大学に通うにはちょっと遠い
自分も不安だが楽しみの方が勝る
両親は心配の方が勝る
部屋探しは親といっしょ
家賃は親が出す
お小遣いはバイトで稼ぐ
どちらかというとインドア派
大学で真面目に勉強するつもり

仮名でいいので
名前をつけてもいい。

なお

この人物は

いわゆるストライクゾーンの
ど真ん中の人物となる。

9級ではストライクゾーンの
範囲を決めることになる。

次回

【9級】入居審査の基準表を作成する

で詳しく解説しよう。

関連記事

  1. 新築対策五段|入居のしおりを作成して設置する

  2. 新築対策九段|内覧キャンペーンをする

  3. 新築対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  4. 新築対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

  5. 新築対策八段|仲介会社7社以上3回訪問する

  6. 新築対策二段|エントランスまたは各玄関に花を飾る

  7. 新築対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  8. 新築対策8級|モデルルームの準備を始める(外注先と打ち合わせる等)