空室対策七段|マイソクをリニューアルする

管理会社の画一的なマイソクとは別に、物件の良さをしっかりアピールできるマイソクを用意していますか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の七段は「マイソクをリニューアルする」ことです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

七段のねらいは、四段でドレスアップした部屋を、仲介会社の営業マン(実際にお客様に提案したり案内したりする人)に、気に入ってもらい紹介を増やすことです。

前回の写真だけでもいいのですが、業界的には一枚のマイソク(募集チラシ)が馴染みやすいので、用意したいものです。東京大家塾では、カラーとモノクロと両方用意することをオススメしています。

ちなみに、大家さんが用意したマイソクをそのまま、管理会社や仲介会社が使ってくれないこともあります。社内規定だったり、業界の広告ルールの条件を満たしていなかったりすると使いたくても使えないこともあります。ですが、それでも構いません。

目的は、あくまで仲介会社の営業マンに気に入ってもらい紹介を増やすことだからです。あとは、マイソクを物件現地に置いておいて、内見に来たお客様に持ち帰ってもらいます。何枚減ったかわかるようにしておくと、内見数の把握もできて、一石二鳥になります。

マイソクの作成は、ランサーズ( https://www.lancers.jp/ )で、デザインコンペして決定します。

レッツチャレンジ!!

関連記事

  1. 空室対策初段|主要ポータルサイト3社に掲載されている

  2. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る

  3. 空室対策2級|飴を設置する

  4. 空室対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  5. 空室対策八段|内覧キャンペーンをする

  6. 空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居…

  7. 空室対策10級|スリッパを置く

  8. 空室対策8級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する