空室対策三段|入居審査の基準表を作成する

入居審査の基準を、お持ちですか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の三段は「入居審査の基準表を作成する」ことです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

三段のねらいは、管理会社からの「ちょっとワケありのお客様なのですが・・・」の問い合わせに、即答できるようにすることで、入居のチャンスを手に入れることです。

例えば、2DKの部屋に、友だちと二人で住みたいようなケース。いわゆるルームシェア。こうした入居希望は稀にあるものです。

ここで良くあるトラブルが「片方が退去して、残った入居者が家賃を満額払えなくなること」です。こうしたリスクはわかっているので、リスクが表に出てきた時にどうするのか? を特約に盛り込んでおきます。

事前にここまで準備できていれば、管理会社からの問い合わせに即答できますので、入居のチャンスを逃すことを防げます。他にも様々なワケありのケースが想定されますので、事前に準備しておきたいですね。

レッツチャレンジ!

関連記事

  1. 空室対策5級|エントランスまたは玄関に花を飾る

  2. 空室対策2級|飴を設置する

  3. 空室対策10級|スリッパを置く

  4. 空室対策1級|入居のしおりを設置する

  5. 空室対策3級|保証書を設置する

  6. 空室対策9級|集合郵便受けを磨く

  7. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る

  8. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする