空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居者属性を決める

理想的な入居者像、お持ちですか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の二段は「現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居者属性を決める」ことです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

二段のねらいは、モノ(物件)ではなく、ヒト(入居者)に、フォーカスすることです。

このあと、四段で空室のドレスアップ(ステージング)をするにあたり、モノではなくヒトからの逆算でデザインすることになります。

その第一歩として、過去〜現在の入居者属性をリストアップします。入居申込書や契約書からピックアップしましょう。わかる範囲で大丈夫です。

次に、リストの中で、ベストな入居者を一人選びます。マーケティング用語でペルソナと呼ばれる、理想的なお客様となります。地味ですが重要ですよ。

レッツチャレンジ!

追伸

私の主宰する東京大家塾の会員さんには、過去〜現在の入居者さんの属性の一覧表をベースに、ペルソナづくりのディスカッションをすることでサポートしています。

関連記事

  1. 空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

  2. 空室対策1級|入居のしおりを設置する

  3. 空室対策六段|仲介会社7社以上3回訪問する

  4. 空室対策五段|ポータルサイトの写真を更新する

  5. 空室対策9級|集合郵便受けを磨く

  6. 空室対策10級|スリッパを置く

  7. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする

  8. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る