空室対策2級|飴を設置する

飴、置いてますか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の2級は「飴を設置すること」ことです。ウェルカムバスケットもあると、なお良いです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

2級のねらいは、内見に来たお客様の疲れた脳をリフレッシュしてもらうことと、少しでも滞在時間を長くすること、味覚にもアプローチすることで、印象を強く残すためです。

どんな飴がいいのかは、住んでほしい入居者からの逆算で決めると良いでしょう。単身者向けとファミリー向けは異なりますし、リーズナブルな物件と高額物件でも異なります。

え? 印象を強く残すのは、営業マンの役割だって?

いや〜ザンネンながら、その認識は甘いのです。営業マンが決めたい物件があなたの物件とは限らないのです。または、単なる案内係・受付係的な営業マンだと、あなたの物件をプッシュすることもないのです。良い悪いではなく仕方ないのです。そこまで期待はできないのです。

そこで、大家が工夫を凝らすことです。

物件が近隣なら小まめに補充できるので小さな入れ物でも良いでしょう。小さい方が品があります。遠方だと、そうもいかないので大きめな入れ物でも良いでしょう。ちなみに飴でなくても構いません。うまい棒を段ボール箱に溢れるくらい入れておくのだって良いのです(笑)。

私の主宰する東京大家塾の会員さんとは、一緒に買い物したり運んだりと、同行してサポートしています。

写真は東京大家塾の会員さんの取り組み事例の1つです。

このように、東京大家塾では、みんなで一緒に段位認定コースに取り組んでいます。

関連記事

  1. 空室対策初段|主要ポータルサイト3社に掲載されている

  2. 空室対策四段|ステージングして写真を撮影する

  3. 空室対策三段|入居審査の基準表を作成する

  4. 空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

  5. 空室対策5級|エントランスまたは玄関に花を飾る

  6. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする

  7. 空室対策7級|悪臭のこもらない工夫をする

  8. 空室対策五段|ポータルサイトの写真を更新する