空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の6級は、「天井の照明器具とレースのカーテンを設置する」ことです。さらに間接照明もあるとグッド!!

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

6級のねらいは、光で印象を整えること。

第1のねらいは、天候の悪い日や夕方・夜間でもしっかり内見ができるようにすること。古い蛍光灯などは全て新しいものに取り替えたいものです。

第2のねらいは、部屋の印象を良くすること。レースのカーテンは、窓の向こうの雑多な風景を和らげてくれます。また、強い日差しを優しい光に変えてくれます。プラスアルファで間接照明を設置できると尚良いものです。

え? 照明は入居者の好みがあるから設置しないほうがいいのでは? ですって? そのときは取り付けた照明を撤去すればいいだけ。ムダにはなりません。なぜなら、次の空室に使えばでいいのですから。そうでなくても、わずか数千円のことをケチって、年間数十万円から数百万円の収入をみすみす逃すほうがもったいないかな、と思うのです。

これらを管理会社が対応してくれるといいのですが、なかなかそうもいかないものです。その時は大家さんが自分でやればいいだけです。管理会社に過度な期待はするだけムダ!(?) です。

このように、東京大家塾では、みんなで一緒に段位認定コースに取り組んでいます。あなたも一緒に、低予算からできる空室対策を順番に取り組んで見ませんか?

関連記事

  1. 空室対策8級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  2. 空室対策1級|入居のしおりを設置する

  3. 空室対策三段|入居審査の基準表を作成する

  4. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする

  5. 空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居…

  6. 空室対策7級|悪臭のこもらない工夫をする

  7. 空室対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  8. 空室対策九段|定期借家契約について管理会社と打ち合わせをする