空室対策7級|悪臭のこもらない工夫をする

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の7級は、「悪臭のこもらない工夫をする」ことです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

7級のねらいは、文字通り、悪臭撲滅です。この工夫をしないと、どうなるのか。内見のときに玄関のドアを開けると、下水から上がってくる悪臭で第一印象が悪くなります。

悪臭のこもらない工夫は、いくつか方法があります。

・週に一度は窓を開けて空気を入れ替える
・週に一度はキッチン・洗面・トイレの水を流す
・換気扇を回しっぱなしする
・蒸発防止剤を使う

…などとやれればいいのですが、毎週現地に行くのは、なかなか大変です。そこでストレッチフィルムで封をしてしまう方法を推奨しています。なお、サランラップ等でも代用できますが、ストレッチフィルムの方が綺麗に張り付きます。

え? 空気の入れ替えや水を流すようなことは、管理会社がやってくれている”だろう”だって? いや〜空室が何十件、何百件あると、その作業まで手が回らないのが実態ではないでしょうか。一度、抜き打ちで空室チェックしに行くと実態がわかります…。

写真は東京大家塾の会員さんの取り組み事例の1つです。

このように、東京大家塾では、みんなで一緒に段位認定コースに取り組んでいます。あなたも一緒に、低予算からできる空室対策を順番に取り組んで見ませんか?

関連記事

  1. 空室対策5級|エントランスまたは玄関に花を飾る

  2. 空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居…

  3. 空室対策八段|内覧キャンペーンをする

  4. 空室対策3級|保証書を設置する

  5. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする

  6. 空室対策1級|入居のしおりを設置する

  7. 空室対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  8. 空室対策初段|主要ポータルサイト3社に掲載されている