空室対策8級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の8級は「メジャー・拡大間取図・ボールペンを 設置する」ことです。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

写真は、東京大家塾の会員さんの取り組み事例の1つです。

8級のねらいは、

・今ある冷蔵庫や洗濯機が置けることを確認してもらうこと
・滞在時間を増やすこと
・この部屋に引っ越してきたことをイメージしてもらうこと

に、あります。

人は、イメージすることで行動に移しやすくなります。この性質を実践する方法はいくつもありますが、8級のやり方が一番カンタンです。

え?

ボールペンやメジャーを盗まれたらどうするのかって? いいじゃないですか、それくらいで空室が満室になるなら(笑)。

とは言っても、私は盗まれた経験はありませんし、大家塾の会員さんから「盗まれまくって困りました」という報告は上がってきていません。

どうしても嫌なら、名前を書いておきましょう!?

このように、東京大家塾では、みんなで一緒に、体系化された段位認定コースに取り組んでいます。あなたも一緒に、低予算からできる空室対策を順番に取り組んで見ませんか?

関連記事

  1. 空室対策四段|ステージングして写真を撮影する

  2. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る

  3. 空室対策三段|入居審査の基準表を作成する

  4. 空室対策5級|エントランスまたは玄関に花を飾る

  5. 空室対策9級|集合郵便受けを磨く

  6. 空室対策10級|スリッパを置く

  7. 空室対策2級|飴を設置する

  8. 空室対策7級|悪臭のこもらない工夫をする