空室対策10級|スリッパを置く

空室のある大家さん。スリッパ、置いてますか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の【10級】は、「スリッパを置く」となっています。

ちなみに、2018年4月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は 5.8% でした。

今の時期はまだ、フローリングが冷たいので、スリッパがないと足が冷たくなって、ゆっくりじっくり内見ができないのです。そもそも内見者は、年間で数十万円から数百万円にもなるお金を払ってくれる大事な見込客。スリッパくらい用意しておきたいものです。

え? スリッパは不動産会社の営業マンが持ち込む”だろう”から大家が用意する必要はないって? それが事実ならいいんですけど。

写真は会員さんの取り組み事例です。

こんな感じで、みんなで一緒に段位認定コースに取り組んで、写真をシェアして、段級位を認定しています。あなたも一緒に、低予算からできる空室対策を順番に取り組んで見ませんか?

関連記事

  1. 空室対策3級|保証書を設置する

  2. 空室対策六段|仲介会社7社以上3回訪問する

  3. 空室対策2級|飴を設置する

  4. 空室対策十段|物件ホームページとFacebookページを作る

  5. 空室対策四段|ステージングして写真を撮影する

  6. 空室対策八段|内覧キャンペーンをする

  7. 空室対策七段|マイソクをリニューアルする

  8. 空室対策五段|ポータルサイトの写真を更新する