全空対策二段|エントランスまたは各玄関に花を飾る

前回は【初段】天井の照明器具とレースのカーテンを設置する、を解説した。意図するところは、空室のお化粧をすることだ。

全ての始まりは、内見者を大事なお客様だと認識することと、入居してほしい入居者像から逆算して考えることの2つだ。大事なお客様に、良いところはより良く見せて、そうでないところは上手くぼかしたい。

では、引き続き、空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。

今回は【二段】エントランスまたは各玄関に花を飾ることだ。意図することは次の1つに集約される。

それは、内見者の第一印象を良くするために、歓迎感を演出することだ。

繰り返すが今回に限らず、全ての思考の始まりは

  1. 内見者を大事なお客様と認識すること
  2. 入居してほしい入居者像から逆算して考えること

の2点にある。
この考えから導き出される1つの具体例が「花を飾る」だ。そのため、

  • どんな花がいいのか?
  • 色は?
  • 大きさは?
  • 場所は?
  • 予算は?

…との質問の回答は「入居してほしい人から逆算して考える」ことになる。つまり、物件の特性によって変わる。

さて、こうした取り組みを実際に行うのは誰か?それは大家自身だ。なぜ、管理会社はしてくれないのか?

答えはカンタンだ。管理料5%、広告料1ヶ月などの報酬の範囲では採算が合わないのだ。

そもそもが、空室対策ノウハウのない”管理”会社が普通だ。”管理”会社であって”活用”会社ではないことに注目してほしい。

ちなみに、スリッパを置くだとか、花を飾るだとか、こうした取り組みをバカにする風潮すら感じることがある。業者のやり方に文句言うな!!と言う管理会社もいるほど。

かといって、満室にするノウハウは持ち合わせていないし、工夫しようとする発想すらないことも。要するに…平均空室率以上なら御の字と思っているのだ。

こうした管理会社に、怒るのはムダだ。大家が自分でやることを、承諾してくれるだけマシなもの。

平均空室率以上の稼働率を叩き出したいなら、大家がフォローする必要がある…のだ。

あなたはどのように考える?

次回は、【三段】POPを5種類以上作成して貼ることを解説する。どのような意図があるのか、あなたなりに考えて、次回、答え合わせをしてほしい。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 全空対策6級|最寄り・両隣・ターミナルの業者を10社リストアップする

  2. 全空対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  3. 全空対策4級|募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する

  4. 全空対策3級|スリッパを置く

  5. 全空対策九段|内覧キャンペーンをする

  6. 全空対策四段|保証書と飴を設置する

  7. 全空対策7級|SUUMO賃料・設備相場チェッカーで相場を把握する

  8. 全空対策七段|マイソクをリニューアルする

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES