再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ

不動産を少しでもかじっているなら

新築するにあたり
その敷地は

幅員4m以上の道路に
2m以上接していないといけない

とのことはご存知だろう。

 

建築基準法には
さまざまな規定があるが

その規定で何を実現したいのだろう?

 

それは一言でいうなら「防災」だ。

 

例えば

幅員4mの道路に面していないと
火事などの時に
消防車などが隣接できない。

さらに道路に出入りするために
2mは接していないと

消化活動に支障があるのははもちろん
救助も避難も困難だ。

 

建築基準法を読み解くにあたり
防災の観点は
常に持っていてほしい。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 再生ビジネス入門8級|学習用に現地調査・役所調査を行う

  2. 再生ビジネス入門9級|学習用に再建築NG物件の戸建のマイソク等を手に入…

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    満室対策10級|定期清掃のレベルアップを図る
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES