大家の会の立ち上げ

あなたも大家の会を主催してみよう!

近くに大家の会がないと、なかなか勉強会などに参加できませんよね。収録した映像や音声があっても勉強はできますが、懇親会での交流やオフレコ情報にふれることはできません。そこで、あなたが自分で大家の会を立ち上げみてはいかがでしょうか。あなたが困っているのなら、ほかの人も困っているにちがいありません。つまり、あなたが大家の会を立ち上げることで救われる大家さんもいるはずです。とはいうものの、大家の会を立ち上げることは、難しいことなのではないのでしょうか?

大家の会の立ち上げも運営も実はカンタン!?

いいえ、大家の会を立ち上げることはカンタンです。なぜなら、大家の会を立ち上げるのに、誰の許可もいらないからです。気の合う仲間と定期的に集まることと、会のルールを作るだけで、十分に大家の会となります。

参考までに、大家の会の成り立ちのパターンを紹介します。

大家さんが主催するケース

事業者のイベントからの派生

イベントから派生して大家の会を立ち上げる

イベントから派生して大家の会を立ち上げる

これは、不動産管理会社のオーナー向けのイベントや、賃貸住宅フェアなどのイベントなどで知り合った大家さん同士が、事業者のイベントとは別に、独自に集まろうということで立ち上げるケースです。ただ、元の事業者のイベント規模が大きいと、遠方から参加する仲間も多く、一同に集まることが難しく、なかなか継続しないようです。この点をどう配慮するのかが、会の継続のポイントになります。

地元の集まりからの派生

これは、地元の町内会や商店会などのメンバーの中から、同業ということで独自に集まろうということで、立ち上がるケースです。メンバー同士が近いので集まりやすいのですが、競合関係にもなるので、助け合う仲間とはなりにくい傾向になります。この点を、どう配慮するのかが、会の継続のポイントになります。

ブログやSNSなどネットで知り合った仲間同士

これは、ある大家さんのブログやSNSなどの書き込みに共感した人たちが「一度みんなで会おう!」となって集まるケースです。中心人物がいるのでメンバーのまとまり感は安定します。住まいがバラバラでもネット上でつながりが持てるので継続もしやすいものです。ただ、マンネリ化するのも早い傾向にあるため、この点を、どう配慮するかが、会の継続のポイントになります。

別の大家の会からの派生

これは、既存の大家の会に所属している大家さんが、その会の活動地域が遠方のため、なかなか参加できないようなときに、同じ地域の会員たちと、別の大家の会を立ち上げるケースです。このときは、元の大家の会の主催者に相談することを忘れないようにしましょう。

不動産・建設会社が主催するケース

既存取引先向けに告知・開催する方法

事業者による大家の会の立ち上げ

事業者による大家の会の立ち上げ

不動産会社なら管理物件の大家さんに向けて。建設会社や工務店・ハウスメーカーやリフォーム会社なら、既存の施主さんに向けて。賃貸経営のトピックや自社の成功事例や失敗事例などを紹介する勉強会を定期開催することです。

注意点は、売り込みをしないことです。大家の会は、情報提供や交流の場とすることです。主催者側からの一方的な売り込みをしないことで、次回も安心して参加してくれるようになります。そうして信頼関係を育てていくことで、何か困ったときには、必ず声が掛かるようになり、仕事の受注につながっていくのです。

まったくゼロから立ち上げる方法

こちらは集客に相当苦労することになります。予算に余裕があるなら、業界のイベントに出展したり、広告を出したりして、自社主催のイベントに参加してもらうようにします。

ただし、費用対効果が合わないことがほとんどです。本業で余裕があり、更なる発展を望むのであれば、1,2年は見返りを求めずに継続することです。

もし、起業段階でまったく予算もないようなら、ネット上で情報提供に徹することです。Kindle出版、メールマガジン、ブログなどで、大家さん向けに役立つ内容をまとめて継続的に発信することです。

このときに、すぐにお金儲けにつなげようとしないことです。まずは、自分のことを応援してくれる大家さんを増やして、その大家さんたちの困っていることを解決する方法を有料サービスとして提供する、こんな考えが望ましいものです。

注意事項

大家の会の立ち上げ時の注意事項

大家の会の立ち上げ時の注意事項

注意したいのは、自分の大家の会の立ち上げや、メンバーを増やすことを目的に、別の大家の会に参加することです。これはマナー違反ですし、その会の規約に違反することがあります。

せいぜい、一人の大家さんとして参加することに徹して、会の宣伝したい気持ちは、名刺交換程度に留めることです。

まとめ

どの大家の会も、最初は数人から始まっています。ポイントは定期的に開催することです。新しい参加者が継続して参加したり、仲間を連れてきたりすることで、だんだん人数が多くなっていきます。

同じ志を持つ仲間が増えることは、とても楽しく元気になれます。みんなで知恵を出し合って、満室安定経営の実現と、入居者さんの幸せに貢献していきましょう!

追伸

大友哲哉

いろいろな種類や特長のある大家の会が増えることは、大家さんのレベルの向上、ひいては入居者さんの住環境の向上につながります。これは、東京大家塾の理念でもあります。新しい大家の会の立ち上げを検討している方は、ぜひ東京大家塾にご相談ください。立ち上げから運営までサポートさせていただきます。

お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. 大家の会

    大家の会の効果的な参加方法

  2. 大家の会リンク集

    大家の会リンク集

  3. 大家の会の選び方

    近くに大家の会がない場合はどうするか

  4. 大家の会のセミナーデータ視聴方法

    大家の会の収録映像などの活用方法

  5. 大家の会イメージ

    大家の会の種類と選び方とは?

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    アパート・マンション経営の失敗
    アパート・マンション経営で失敗する5つの理由と回…
  2. 大家の会の活用方法

    大家の会イメージ
    大家の会の種類と選び方とは?
  3. 空室対策トピックス

    古いキッチン
    空室対策でキッチンにおしゃれなガステーブルを設置…
  4. 大家さんTV

    対談動画タイトル画像.008
    地域創生で不動産投資の枠を超越|プロフェッショナ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP