29:自分で契約する方法

大家であるあなたが借主と直接
定期借家契約を締結することもできる。

宅地建物取引業者が
間に入らねばならない法律は
ないのだ。

 

実際

シェアハウス業界では
非業者である建物所有者が
貸主当事者として
契約実務を行う例は多々ある。

マンスリーマンション業界も同じだ。

 

では

大家が自ら契約実務を行う
メリットには
何があるのだろうか?

 

まず1つは、事務の省略化だ。

 

煩雑な重要事項説明は
宅地建物取引業法によって
業者に課せられたもの。

貸主に課せられたものでは
ないのだ。

そのため

重要事項説明や書面の交付は必要ない。

 

次に

業者を通さないで良いので
契約業務に係るコストの削減だ。

これは貸主側だけでなく
借主側にもメリットになる。

 

では

デメリットはないのだろうか?

 

デメリットとは語弊があるかも
しれないが

契約書の作成やその用意に
手間がかかることとだ。

また

当然ではあるが
契約書のミスは
自己責任になる。

 

このあたりは
定期借家制度に詳しい
不動産コンサルタントや

弁護士のサポートを受けることで
リスクを軽減したいものだ。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 13:定期借家の誤解2

  2. 17:普通借家→定期借家は合法

  3. 12:定期借家の誤解1

  4. 07:普通借家の悪夢

  5. 28:定期借家制度改正の方向

  6. 03:定期借家契約でも普通に契約できる

  7. 30:結論

  8. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    アパート経営・マンション経営の勉強法
    アパート経営・マンション経営の勉強方法は「上」「…
  2. マンション経営

    マンション経営
    マンション経営に役立つ資格ベスト5
  3. アパート経営

    アパート経営
    アパート経営に役立つ資格ベスト5
  4. 大家さんTV

    家具工房付き賃貸住宅への挑戦|プロフェッショナル…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP