10年間満室安定経営が実現する

補助金でリバイバルセミナー

築古物件は今後どのように勝負したらいいのだろうか?

補助金でリバイバルセミナーは、特に大規模修繕を迎えた築古物件を持つ大家さん向けに、補助金を活用した大規模修繕で物件を再生し、古いタイプの大家さんの嫌がる入居希望者さんターゲットにリスクを管理した上で受け入れることで満室安定経営を手に入れる道筋を示します。

良くあるセミナーと異なるのは補助金を活用する点です。補助金は返済することのない資金ですが、その分制約があります。メリット・デメリットを考慮して補助金を活用するかご判断ください。

なお、会場に来られない方のために、受講料と同じ費用で、収録映像とレジュメや申込特典をお渡しできます。お申し込みフォームで「会場には行けないので、収録映像を希望します。」を選択してお申し込みください。なお受講特典はありません。

セミナー受講対象者

●築古物件の大家さん
●全空に近い築古物件を取得予定の大家さん
●そろそろ大規模修繕の時期だが資金がない大家さん

●抜本的な空室対策の必要性を感じている大家さん
●だが、これといった具体策はない大家さん
●補助金に魅力を感じている大家さん

第一部:10年間満室安定経営が実現する補助金でリバイバルセミナー

競争力の劣る築古物件だからこそ起死回生が狙える

前半では、補助金を活用して築古物件を満室安定経営にする道筋をご提案します。築年数が古い、空室だらけ、大規模修繕の予算も空室対策する予算もない、だからこそ活用したい補助金があります。

とは言え、補助金の財源は税金です。そのため制約があります。それもそのはず、リフォームは建物に付随するもの=個人の資産になるものです。本来であれば、税金を個人の資産になる使い方はご法度なのです。それでもこうした使い方をするのですから、その制約は思っている以上に強いものです。

ですので、今回の補助金を使うかどうかは、メリットとデメリットを正確に理解する必要があります。できるだけわかりやすく解説しますので、本セミナーに参加して、補助金導入の可否を正しくご判断下さい。

トピックス

ファミリー向け新築テラスハウスの例

  • なぜ住宅セーフティネット制度が作られたのか
  • 住宅セーフティネットを活用するメリットとは
  • リフォーム補助金など経済的な4つの支援とは
  • 広く周知するための専用ウェブサイトとは
  • リスクに関する相談窓口とは
  • 補助金の対象になるリフォームとは
  • 補助金を活用するデメリットとは
  • 補助金獲得までの流れ
  • 補助金獲得後の流れ
  • 補助金獲得の申請書は誰が書くのか
  • 補助金獲得のファーストステップ

第2部:共用部分の照明をLEDに変更して電気代を9割削減した事例紹介

電気代の削減だけではない! LED照明の3つの付加メリットとは?

昨年10月の定例セミナーで紹介した、共用部分の照明をLED照明に変更することの提案で、実際に導入した大家さんの事例紹介です。LED化のメリットは電気代を最大9割削減できるという経済的なメリットの他に、次のようなメリットがあります。

  1. 従来の蛍光灯より明るくなる(従前の蛍光灯の明るさによる)。
  2. LED照明は寿命が長いので、蛍光灯や電球が切れたときの部品代や交換代を節約できる。
  3. LED照明は紫外線を発しないので、虫が寄りつきにくくなる(入居者にアピールできる)。

なお、初期費用を一括払いにするのもいいのですが、リース代にして毎月払いにする方法もあります。こちらの方が費用を平準化できていいですね。どのような物件で、どのくらいの導入費で工事はどのくらいの期間でリース代がどのくらいなのか、具体的な事例を聞いて、自分の場合はどうなりそうかの参考にしてみましょう。もちろん見積もり依頼もお受けいたします。

申込特典

住宅セーフティネット大家さん向けリーフレット

住宅セーフティネット大家さん向けリーフレット

受講特典

資産を守り、笑顔を咲かせる 家族信託: 資産承継の新たなアプローチ

家族信託解説書(新書サイズ)

メイン講師プロフィール

J-REC公認不動産コンサルタント 大友 哲哉

メイン講師 大友哲哉

東京大家塾合同会社(会員制不動産コンサルティング会社)代表
一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事

私は、お客様に、不動産のことを “楽しく”・”わかりやすく” 教えることを、とても大切にしています。そうすることで、お客様は行動できるようになり、ひいては不動産から毎月安定した収益を得られ、不要な経費や税金を減らし、楽しく豊かに暮らせる経済的基盤を持ち、真のワークライフバランスを手に入れてほしいのです。

千葉県市原市出身。
明海大学不動産学部卒業。

新卒で入社した一部上場不動産会社は、3年目を前にして事実上の破たん。再建を進める中で、お客様の無知につけこむ業界の体質に疑問を持ち起業を志す。

2003年に独立後、お客様に不動産を学んでもらうため、各種セミナーや講座を開催。2006年から始めた東京大家塾は、業界のことをわかりやすく教えてくれると好評で累計4,000名を超える受講者が参加し、80億を超える不動産活用に携わる。
2008年、仲間と共に不動産実務検定を創設。一般財団法人日本不動産コミュニティー理事に就任。不動産コンサルタントの育成を進める。

著書・共著

  • 20ステップで空室が満室になる空室対策の手順書(Kindle)
  • 20ステップで退去率が下がる長期入居促進の手順書(Kindle)
  • 20ステップで全空が満室になる全空対策の手順書(Kindle)
  • 一瞬で即断できるアパート用地選びの手順書(Kindle)
  • 20ステップで再建築NGが再建築OKに甦る手順書(Kindle)
  • 不動産実務検定テキスト(J−REC)
  • We are 不動産コンサルタントII(週刊住宅新聞社)
  • 空室対策やるだけムダ!(週刊住宅新聞社)
講演実績 東京大家塾・不動産投資予備校・東京都宅地建物取引業協会・東京電力・一般財団法人日本不動産コミュニティー・セブン銀行・IFA研究会・明海大学・株式会社ベンディアム・日本FP協会、他
執筆・他 週刊住宅新聞・全国賃貸住宅新聞・日経ビジネス・ネットマネー・ゲイナー・なる本FP他

開催概要

日程 2019年4月27日(土)
時間 午後6:30~9:00 (受付 6:20より)
会場 喫茶室ルノアール 新宿3丁目ビッグスビル店 会議室6号室
住所 東京都新宿区新宿2-19-1 ビッグスビルB2F
交通 都営地下鉄新宿三丁目駅1分・新宿駅東口8分
案内 新宿地下通路から都営新宿線新宿三丁目駅を目指してC8出口直結
その他 ・収録をしますので予めご了承願います。
・レジュメは印刷物ではなく事前にPDFデータをご提供します。
・領収証は銀行振込の控えやクレジットカードの明細書に替えさせていただきます。どうしても...という場合は税別1,000円で発行いたします。
・欠席者には収録した映像をご提供いたしますので、ご返金対応は致しかねます。

受講料

東京大家塾の有料会員様 700円
特別招待者様 4,980円
J-REC会員様 4,980円
その他一般 5,980円
事業者様 27,000円(税込)

講師を囲んだ交流会

時間 午後9:30〜(任意参加・随時解散)
場所 会場近隣
予算 3,000円前後目安(実費精算)

会場アクセス

住所 東京都新宿区新宿2-19-1 ビッグスビルB2F
アクセス 都営地下鉄新宿3丁目駅徒歩分1分ビックスビル地下2階

なお、会場に来られない方のために、受講料と同じ費用で、収録映像とレジュメや申込特典をお渡しできます。
お申し込みフォームで「会場には行けないので、収録映像を希望します。」を選択してお申し込みください。