本当に解決策は「不動産」がベストなのでしょうか?

本当に解決策は「不動産」がベストなのでしょうか?

金融投資ではリターンが物足りない!?

確かに、株式投資や投資信託はリターンが物足りません。もっと、効率の良いリターンを求めようとると、短期トレードになるので時間も労力も掛かります。そうかといって、起業するほどリスクを取りたくはないし、副業するほど時間に余裕はありません。

やはり、不動産活用(投資なのか事業なのかは置いといて)はベストなのかもしれません。

しかし・・・

不動産活用のリターンは「ふれ幅」があります。

この「ふれ幅」とは「うまくいくとき」と「うまくいかないとき」の差のことです。これが本来の「リスク」の意味なのです。

例えば、銀行預金にリスクはありません。金利が0.1%なら0.1%なのです。元本保証もあります。生命保険も、ほぼ同じです。

ですが、不動産活用は異なります。

利回りは「期待」でしかありません。元本保証なんてありません。マイナスになることもあります。

もっとも、株式投資などに比べると「あなたの努力」は成果に反映します。

一方で、金利変動や不動産市況の変動、銀行融資姿勢など「あなたの努力」ではどうにもならない変化に影響を受けます(良くも悪くも)。

ですので、うまくいかないとき・悪い方向に進んでしまったとしても、最悪の事態にならないように、本当の余裕資金で行うべきですし、余裕資金を残しておいてやるものなのです。

*余裕資金とは、将来、確実に必要となるお金(子どもの教育資金や自分の老後資金や親の介護費用など)のこと

お金の優先順位を考えなくてはいけません。

時間的に余裕がある資金(将来の教育資金や老後資金)の運用方法としては、例えば、NISA(つみたてNISA・ジュニアNISA)やiDeCoは満額やるべきです。

学資保険などの保険も活用すべきです。あなたの死亡リスクに備えて生命保険にも入っておくべきです。自営業なら小規模企業共済も満額やるべきなのです。インフレヘッジなら金投資で十分なのです。

何も、わざわざ、ふれ幅の大きい(リスクのある)不動産活用に手を出すことはないのです。

例外的には、相続不動産は積極的に活用を考えましょう(相続資産ですから当てにしていた資産ではないから)。

不動産活用の前に、副業も再検討したい。

あなたが副業より不動産活用を優先しようとしたのは、時間の問題でした。

確実にリターンを得られる副業はアルバイトです。1時間働けば1時間分の時給がもらえます。これが1,000円ではやってられないと思いますが、時給5,000円ならやってみたいですよね。

そんなアルバイトがあれば・・・なのですけれど。

そこで、あなたに改めて考えてみてほしい副業は「つみたて副業」です。

再検討してほしい「つみたて副業」とは?

特別な「つみたて副業」という副業があるのではなく種類のことです。私の造語です。

具体的には、Kindle出版・Udemyコース・ココナラ・YouTuber(またはVTuber)などからのコミュニティー(オンラインサロン)運営です。

なぜ「つみたて〜」なのかというと、例えばKindle出版で最初の1冊で1ヶ月あたり1,000円売れたとします。

では、10冊出版すれば10倍の10,000円になるのかというと、もう少し売れます。具体的には、11倍の毎月11,000円くらいになります。なぜなら、1冊購入した方があなたのファンになれば、ほかのKindle本を何冊か購入するからです。そうしますと、30冊出版すると30倍なのかというと、もっと売れることが期待できるわけです。

つまり、つみたてNISAの非課税・複利効果のように、コツコツと積み立てていき、積み上がった数が多くなれば多くなるほどに、単純な比例(単利)以上のリターンが期待できるのです。

やさしい投資信託のはじめ方(SBI証券公式サイトより引用|一部加工)より

さらに、こうしたあなたのファンたちとのコミュニティー(オンラインサロン)を主催しましょう。月3,000円で100人も集まれば、毎月30万円です。

100人も集まるのか? と思われるでしょうが、それまでにKindle本などを購入したファンが2,000人ほど集まってからスタートすれば登録率5%として100人参加することになります。これらは、収入に見合った労働時間は伴いません。1日1時間程度でしょう。

基本的に期限のある仕事ではないので、あなたのペースで続けていけます。

もっと詳しく知りたい方へ

いかがでしょうか。

不動産活用ほどのリスクもなければ外部要因もありません。あなたの時間に比例しない収入になります。株式投資や投資信託よりもリターンを期待できます。いずれ、本業としてFIREできる道にもなり得ます。

あとは、どのようなテーマで、何から始めたものか? といったところでしょうか。

興味を持った方は、具体的な相談といいますかディスカッションの時間をご用意します。

こちらから、詳細の確認・相談のお申し込みをどうぞ。

在宅ワークで副業の始め方を教えます 今こそストック型オンラインサロンを始めることのご提案

ココナラというサービスを利用します。ココナラのアカウントがない方はクーポン(300円〜1,000円くらい|ココナラのキャンペーンにより変動)がありますので、ご利用下さい。

最近の記事

  1. 口コミ・お客様の声

    お客様の声・口コミ・クチコミ
    不動産投資で自己資金を拡大したいと考えている方、…
  2. 全空対策20ステップ

    全空対策1級|悪臭がこもらない工夫をする
  3. 口コミ・お客様の声

    お客様の声・口コミ・クチコミ
    これからも10年20年と一緒に学び、仲間とともに…
  4. 口コミ・お客様の声

    お客様の声・口コミ・クチコミ
    とても雰囲気がよく勉強になりました。
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科