再生ビジネス入門六段|但し書き許可の申請書を作成して役所に提出する

協定書を提出することで
但し書き許可の申請書の
作成に進めます。

 

役所の指示に従って
新築する建物が
どのようなものかを
図面などを作成します。

 

ここからは

建築士が主役になります。

 

この段階をすぎると
設計変更ができなくなるので

できる限り高く早く売れる
設計にしておくことです。

 

そのため

地元の不動産会社などにも
ヒアリングをして

地域の情勢にあった
売れる物件を
企画するように心がけます。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. 再生ビジネス入門七段|建築確認申請を行う

  2. 再生ビジネス入門三段|協定不成立の報告書を作成して役所に提出する

  3. 再生ビジネス入門五段|協定書を締結して役所に提出する

  4. 再生ビジネス入門7級|週に1度以上レインズから再建築NG物件をリストア…

  5. 再生ビジネス入門四段|通路の測量と本地の境界確定を行いプレートの設置を…

  6. 再生ビジネス入門5級|不動産業者を100社リストアップする(メールまた…

  7. 再生ビジネス入門4級|DMを作成して不動産業者にDMを送る

  8. 再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    サブリースのアパート
    最終的な空室対策はサブリース!?
  2. 相続大家さん

    相続大家さん
    アパートを相続した大家さんへ
  3. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  4. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES