20Stepステップコンサル

全空対策3級|スリッパを置く

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/226件〜・Udemy講師★4.18/1,107名〜・ココナラ個別相談★5.0/136件〜。著書/共著19冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

前回は【4級】募集条件を見直してマイソク・ポータルサイトを修正する、を解説した。

短期間で多くの部屋を満室にするにあたり、マイソク(募集チラシ)やポータルサイトの修正は迅速に行いたいものだ。だが、管理会社などが思うように動くとは限らない。

その時に、怒ったところで彼らの士気を下げるだけだ。冷静に対処してほしい。

さて、今回からは空室の印象を良くするノウハウを提供しよう。まずはコチラだ!!

全空対策の3級は「スリッパを置く」ことだ。「へ?それだけ?」との声も聞こえそうだがそれだけだ。

例えば冬場。この時期はフローリングが冷たい。スリッパがないと足が冷たくて冷たくて、ゆっくりじっくり内見ができないのだ。

そもそも内見者は、年間で数十万円から数百万円にもなるお金を払ってくれる大事な見込客だ。スリッパくらい用意しておきたいものだ。

ここで良く言われるのが「スリッパは不動産会社の営業マンが持ち込む”だろう”から大家が用意する必要はない」だ。

それが「事実」なら問題ないが確かめようがないのだ。つまり、不動産管理会社が必ず案内するとは限らない。どこの不動産仲介会社のどんな営業マンが案内するのかわからない。

そして営業マンも人間だ。お客様用のスリッパを持ってくるのを忘れることもあるだろう。こうした不確定要素があるなら、最初から部屋に
スリッパを用意しておくのが確実だ。

このとき気配りしたいのは「部屋に住むであろう」または「住んでほしい」入居者に合わせたスリッパにすることだ。

例えば、学生向けワンルームならスリッパはシンプルなものを2人分用意すればいいだろう。要はお客様と親御さんのイメージだ。

だが2LDKなら話は変わる。カップルに住んでほしいなら色違いで2人分用意したり、子どものいる家族に住んでほしいのなら、子ども用のスリッパがほしい。

さらに高級物件なら、100円ショップのスリッパではなくそれなりのクオリティのスリッパを用意したい。

全ての始まりは、内見者を大事なお客様と認識することと、入居してほしい入居者像から逆算して考えることの2点だ。

ほかの項目でも応用するものなので肝に命じてほしい。

次回は【2級】メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する、ことを解説する。どのような意図があるのか、あなたなりに考えてほしい。

関連記事

  1. 全空対策四段|保証書と飴を設置する

  2. 全空対策三段|POPを5種類以上作成して貼る

  3. 全空対策2級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

  4. 全空対策9級|入居審査の基準表を作成する

  5. 全空対策5級|1ヶ月以内に満室になる募集条件を5社以上からヒアリングす…

  6. 全空対策1級|悪臭がこもらない工夫をする

  7. 全空対策七段|マイソクをリニューアルする

  8. 全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決める

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    不動産実務検定の勉強中
    不動産投資の成功に不動産実務検定が必要な4つの理…
  2. 不動産投資ルーキー

    資産性重視の不動産投資
    今すぐ将来に向けて不動産投資に取り組むべき5つの…
  3. 不動産投資ルーキー

    お金をドブに捨てる
    不動産投資でキャッシュ・フローを捨てるべき3つの…
  4. 不動産投資ルーキー

    購入申込書(買付証明書)を出しても買えない
    購入申込書(買付証明書)1番手なのに2番手に負け…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES