不動産実務検定の勉強

不動産実務検定の勉強時間

不動産実務検定に合格するための勉強時間は、2級(満室経営)は24時間、1級(物件取得)は48時間が目安となります。

不動産実務検定2級(満室経営)の勉強時間の目安は24時間

勉強時間のうち12時間は認定講座による講義や、ホームスタディー講座(DVD版またはオンライン版)による動画による学習を想定しています。つまり、講義(動画)の2倍をその目安としています。もちろん、人によっては講義(動画)を一通り受けて、軽く復習して、四択問題の解法テクニックだけで合格することも可能でしょう。特に2級の合格率は約8割。それほど熱心に復習しなくても合格できる確率は高いと言えます。

不動産実務検定1級(物件取得)の勉強時間の目安は48時間

勉強時間のうち12時間は認定講座による講義や、ホームスタディー講座(DVD版またはオンライン版)による動画による学習を想定しています。つまり、講義(動画)の4倍をその目安としています。もちろん、人によっては講義(動画)を一通り受けて、軽く復習して、四択問題の解法テクニックだけで合格することも可能でしょう。ですが、1級の合格率は約5割。甘くみてはいけません。なぜなら、ほぼ毎日受験できるので「合格できるつもりで受験しても5割落ちる」試験なのですから。

目的を見失わないように

効率よく勉強して最小の勉強時間で試験に合格したい気持ちはわかります。ですが、不動産実務検定を学習する目的は何でしょうか。それは、実践的な実務知識を習得することですよね。そうであれば、勉強時間の長短を気にすることなく、自分の中で納得のいくまで勉強して受験に望みたいものです。とはいえ、期限がないと勉強できないもの。今回の勉強時間を目安に、早めに受験日を決めて予約してしまいましょう。そうして毎日コツコツと復習して試験に臨むのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 「不動産投資のツボ」365問

    不動産実務検定に過去問はない

  2. 受験資格

    不動産実務検定の受験資格

  3. 不動産実務検定のメリット

    不動産実務検定のメリット

  4. 不動産実務検定と就職

    不動産実務検定は就職に有利か

  5. 不動産実務検定の平均点

    不動産実務検定の平均点は非公開

  6. 不動産実務検定の合格イメージ

    不動産実務検定の合格率

  7. 不動産流通実務検定 スコア

    不動産実務検定“スコア”とは

  8. ○×問題

    不動産実務検定の問題集

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES