08:普通借家と定期借家の違い

普通借家と定期借家の
決定的な違いはなんでしょうか?

それは継続性の有無です。

普通借家契約は
入居者さんが入居を希望する限り
契約は続きます。

 

例え

契約書の期間が過ぎる前に
更新手続きをした場合は
もちろんのこと

更新手続きをしなかったとしても
法定更新といって
法律上、自動的で強制的に
普通借家契約は更新され継続します。

 

一方の定期借家は
契約期間満了と共に
契約は終了します。

もし

入居者さんが継続して住みたいなら
新しい賃貸借契約を
締結する必要があります。

新しい賃貸借契約なので
以前の契約とは全く別の契約です。

そのため

継続して賃貸借するときは
更新ではなく再契約となります。

繰り返しますが「更新」という
概念はありません。

また

立ち退いてもらうための
正当事由も不要ですし
立退料も不要です。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 23:客付業者対策

  2. 18:普通借家の役割は終わった

  3. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

  4. 15:定期借家徹底比較!その2

  5. 22:元付業者対策

  6. 16:定期借家契約締結上のルール

  7. 定期借家0001

    01:長く住みたい住まいをつくろう!

  8. 21:元付業者をどう探す?

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES