07:普通借家の悪夢

普通借家契約には
見えない負債があります。

それは立退料です。

建て替えの時
不良入居者を追い出したい時

何れにしても

普通借家契約の場合は
入居者がゴネると
立退料の話になります。

 

例えば、家賃滞納。

督促しても逆ギレされたり
連帯保証人には知らんぷりされたり。

不動産管理会社は
督促事務はやれるものの

法律問題に発展すると
弁護士法違反になるので
手出しができなくなります。

そこで弁護士に相談して
契約解除の訴訟をします。
もちろん弁護士費用が掛かります。

そして

勝訴の判決を勝ち取っても
入居者が自主的に
退去する保証はありません。

そうなれば

強制執行することに。

これまたお金が掛かります。

なぜ

貸したものを返してもらうのに
こんなに苦労しなければ
ならないのでしょうか・・・?

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 12:定期借家の誤解1

  2. 10:法定更新制度

  3. 19:定期借家はもっと普及していい!

  4. 30:結論

  5. 05:自然退去 VS 定期借家

  6. 定期借家0000

    00:定期借家実践講座

  7. 18:普通借家の役割は終わった

  8. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    アパート経営・マンション経営の勉強法
    アパート経営・マンション経営の勉強方法は「上」「…
  2. マンション経営

    マンション経営
    マンション経営に役立つ資格ベスト5
  3. アパート経営

    アパート経営
    アパート経営に役立つ資格ベスト5
  4. 大家さんTV

    家具工房付き賃貸住宅への挑戦|プロフェッショナル…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP