30:結論

以上のように

定期借家契約の最大の
デメリットがあるとしたら

実務経験のある
管理会社が少ないことだ。

特に

集客力のある大手は
定期借家契約に否定的。

 

だが

さらなる情報社会の進展から
大家による直接的な
入居募集も進むことが
予想される。

 

また

大空室社会の突入により
大手管理会社でも

丸投げで満室経営を
実現することは
困難になるだろう。

 

こうした世の中になると

今までは入居を拒絶していた
入居希望者を受け入れる
機会も増えるので

定期借家契約で
リスク管理をした上で
入居させることで

満室を優先させることも
重要になることだろう。

 

結論としては
契約種類がどうとかいう以前に

部屋の価値 > 家賃

となる商品・サービス開発の
さらなる研究が必要だということだ。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. 21:元付業者をどう探す?

  2. 15:定期借家徹底比較!その2

  3. 14:定期借家徹底比較!その1

  4. 08:普通借家と定期借家の違い

  5. 03:定期借家契約でも普通に契約できる

  6. 29:自分で契約する方法

  7. 17:普通借家→定期借家は合法

  8. 05:自然退去 VS 定期借家

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES