ペットの猫のイメージ

ペット可物件8級|家賃・管理費・敷金を見直す

ペット可物件にするにあたり、募集条件を見直すことにします。具体的には、家賃は全体的に微増・ペット管理費の設定・敷金の設定を行います。特に注意したいのが家賃設定。ペットを飼育することを条件に家賃を値上げすることはやめておいたほうが無難です。

家賃は全体的に微増

家賃は、全体的に相場より微増させます。ペットを飼育している人・いずれ飼育したい人にとってはアドバンテージのある物件です。微増の幅ですが、ケースバイケースではありますが、目安として3%程度のアップです。

ペットの飼育を条件にした家賃の値上げはしない

ペットを飼育するとなると、通常の入居者さんより、退去後の室内のキズや汚れが目立つかもしれません。そのため、家賃を値上げしたくなりますが、そうはしないほうが無難です。なぜなら、ペットによるキズや汚れや臭いについては、通常使用の範囲内であり家賃に含まれるので、原状回復は借主負担ではなく貸主負担だと主張される恐れがあるから。こうなると値上げした家賃の以上の原状回復費を負担することになりかねません。ペットによるキズや汚れや臭いについては、入居者負担としたいものです。

ペット管理費を設定する

そこで家賃を値上げするのではなく、ペット飼育者だけのペット管理費を設定します。目安は家賃の3%程度。ペット飼育細則の作成や修正、ペットのワクチン接種などの確認作業など、通常の入居者とは別の業務が発生しますので、その対価として設定します。

敷金は通常より1〜2ヶ月分多く預かる

ペットによるキズや汚れや臭いの原状回復は入居者負担、そうはいっても最終的に払ってもらえないリスクはあります。そこで、このリスクを少しでも軽減するために、敷金を通常の入居者さんより1〜2ヶ月多く預かることにします。ちなみに、ペット管理費と敷金の上乗せについては、募集チラシ(マイソク)に記載しておきましょう。

空室にお困りならペット可はひとつの解決策。ですが、やはりリスクはありますので、しっかりとリスク管理の準備をしたいもの。具体的には、募集前の準備・募集時の準備・契約時の準備・運営時の準備があります。より詳し内容や事例、書式については、セミナーで紹介しています。なお、会場に来られない方には、セミナー動画の提供zoomによるオンライン会議にてサポートさせていただきます。詳しくはこちらです。

セミナーの詳細・お申し込みはこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 怖い犬のイメージ

    ペット可物件6級|家財保険の特約を確認する

  2. ペットの犬

    ペット可物件9級|原状回復時に施すペット向けの設備の導入を検討する

  3. ペットの犬のイメージ

    ペット可賃貸を運営する大家さん向けのクイズ全3問

  4. ペットの犬のイメージ

    ペット可物件7級|管理会社に早い段階で相談する

  5. 飼育細則違反イメージ

    ペット可物件5級|ペット飼育細則を作成する

  6. ペット物件イメージ

    ペット可物件10級|ペット飼育条件を作成する

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  2. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
  3. 空室対策トピックス

    コンサルティング会社
    空室対策の会社選びの3つポイント
  4. 空室対策トピックス

    空室対策ミスマっチ
    空室対策のもっとも簡単な方法
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES