不動産実務検定の受験料イメージ

不動産実務検定の受験料

不動産実務検定受験料は、2級が7,000円、1級が8,000円(いずれも税別)です。

不動産実務検定の受験料は高い? 安い?

結論としては、高くも安くもなく、妥当な金額と言えます。なぜなら、宅建の受験料が7,000円、FP2級が8,700円だからです。

確かに、国家資格である宅建などと民間資格である不動産実務検定とで比べると、割高に感じるかもしれません。ですが、ほぼ毎日受験できたり、試験会場が主要なターミナル駅にあったりするメリットを考えると、妥当な金額と言えます。

試験合格後に必要となる費用

なお、試験に合格した後、資格認定団体である一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)の資格会員となり、会員特典(専門家の相談サービスや認定勉強会の割引受講など)を受けるには、J-RECへの入会金が5,000円、資格の認定料が5,000円、そして年会費5,000円が必要となります。

こちらは宅建と比較すると非常に安い料金設定です。なぜなら、宅建の場合は、登録実務講習に25,000円、登録申請手数料に37,000円、取引士証交付申請手数料4,500円、合計66,500円も必要となるからです。とは言え、宅建士で取引士証がないと法律上できない業務(重要事項説明書など)があるので、致し方ないとも言えます。

試験合格後1ヶ月以内の入会で初年度年会費が無料

ちなみに、不動産実務検定の試験合格後1ヶ月以内の入会で、初年度(翌3/31まで)の年会費5,000円が無料になります。専門家への相談や、認定勉強会の割引受講などで年会費5,000円はすぐに元が取れますので、入会しておいたほうが良いでしょう。

受験から資格認定までの費用の比較まとめ

最後に比較表を掲載しておきます。

不動産実務検定 宅建 FP技能士
資格種類 民間資格 国家資格 国家資格
受験料 2級 7,000円
1級 8,000円
7,000円 3級 6,000円
2級 8,700円
入会金 5,000円
登録料 5,000円 登録実務講習 25,000円
登録申請手数料 37,000円
取引士証交付申請手数料 4,500円
年会費 5,000円 正会員 10,368円
その他 5年に1度の更新時
法定講習受講料 12,000円
取引士証交付申請手数料 4,500円

 


まずは体験受講から

東京大家塾を主宰する大友が講師を務める不動産実務検定認定講座の体験受講は、3月までは毎週木曜日の午後7:30より池袋で、4月からは新宿で開催しています。詳しくはこちらです。

体験受講詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 不動産実務検定の試験日

    不動産実務検定の試験日は毎日

  2. 不動産実務検定のメリット

    不動産実務検定のメリット

  3. 不動産実務検定年会費

    不動産実務検定の年会費

  4. 評判・口コミ・お客様の声のイメージ

    不動産実務検定の評判・口コミ・お客様の声

  5. 不動産実務検定参考書

    不動産実務検定の参考書

  6. 不動産実務検定の勉強法

    不動産実務検定の勉強法

  7. 「不動産投資のツボ」365問

    不動産実務検定に過去問はない

  8. ホームスタディー講座オンライン版

    不動産実務検定の難易度

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES