答えは1つだけ

あなたが判断できずに困っている根本的な原因はコレ1つだけ

不動産の相談を抽象化すると「良いのか悪いのか判断できなくて困っている」なのですが、その原因は「不動産のことがわからない」のではなく、そもそも「ゴール(目的)の設定を(明確に)していないこと」なのです。

参考までに、どんなゴールがあるのか5つのパターンを紹介します

  1. 節税(例:所得税・法人税・固定資産税・相続税を下げたい)
  2. 資産形成・資産運用(例:株式や投資信託より効率よく資産を増やしたい・30年後に純資産1億円を手に入れたい)
  3. 副収入(例:手間なく月額20万円の収入を増やしたい)
  4. 賃貸事業(例:不動産収入だけで生活したい)
  5. 転売事業(例:不動産の転売で大きく利益を上げたい)

詳細はこちら

この「大ゴール」が設定できると、何か判断が必要なときに考えるべきことは「大ゴール」に近づくのか、遠のくのか? となります。

もちろん、そのために体系的で全方位的な不動産実務知識が必要です。

例えば「必要な視点」…例えば

法律面ではAなんだけど、税務的にはBのほうが望ましいが、総合的に考えて大ゴールに近づくのはA!

だったり「時間軸」…

Aは目先では得をするけど、Bは長い目で見るともっと得をするので、大ゴールを達成するためにはB!

といった判断をする知識は「不動産実務検定ホームスタディー講座」で学べます。
https://ooyajuku.com/kentei

それでも自分の判断に自信が持てなければ、私とは言いませんが、コンサルタントに相談します。

とはいっても相談の内容は

・大ゴールの設定や期限は現実的か?
・大ゴールを達成するための判断に至る過程に、抜けている視点はないか?
・大ゴールを達成するための判断に至る過程に、実務的な無理がないか?
・中ゴール(大ゴールより時間的に区切ったり分野で区切ったり)の設定についてコメントがほしい
・中ゴールを達成するために日々行う行動計画(今月の目標など)はコレでいいか?

などになるでしょう。

実務検定で基礎知識を習得している相手でしたら、私なら回答に要する時間は口頭で5分です。なんならチャットで3行です。

この相談スタイルができると、わざわざ個別相談で「コンサルタントの事務所に訪問して、1時間3万円!」だったり、その後に露骨な営業をされてうんざりしたり、といった煩わしさがありません。

文字(テキスト)だけの相談なら、安く対応してくれやすいですよね。東京大家塾でもチャットによる相談のコースがあります。

ちなみに、大ゴールを5つ紹介していますが、さらに優先して本当に考えるべきことは「あなたが不動産で手に入れたい未来は何か?」となります。

私の場合は「誰の都合にも左右されない人生」です。

いま85%くらい達成している感じなのですが、さらに突き詰めます。もはや「不動産」そのものは関係ないですね。笑。

ちなみに100%になることは絶対にありません。なぜなら「健康」…といいますか老化の都合に左右されるからです。先延ばしするだけで逆らえません。笑。

The following two tabs change content below.
不動産の勉強をしようと思っても、ブログ・YouTube・書籍・セミナー...いろいろあって、何を、どこまで、勉強したらいいのか混乱していませんか? そんなあなたにオススメしたいのが、こちらの無料オンライン講座。高額なコンサルティングや●●塾と契約する前に受講くださいね。今なら6大特典が付いています。

関連記事

  1. 戸建

    なかなか手頃な物件が見つかりません!

  2. 不動産投資の投資基準のイメージ

    不動産投資の投資基準(判断基準)は一朝一夕には出来上がらない

  3. 入居募集の数値管理で満室を手に入れよう!!

  4. 資産形成

    図解|資産形成したいと副収入が欲しいは根本的に異なる

  5. 不動産で節税のイメージ

    不動産投資の目的5つのレベル別のメリット・デメリット

  6. 衰退・縮小

    不動産業界の中に空室問題の解決策はない

  7. 節税イメージ

    会社員は年収1,200万円を超えるまで節税は考えてはいけない

  8. ちょっと待って!児童手当の見直し

最近の記事

  1. 大家の会の活用方法

    高額セミナーイメージ
    高額塾・大家塾・大家の会で注意したい5つのポイン…
  2. 不動産投資

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいは根本的に異…
  3. その他

    屋根と雹(ひょう)
    雹(ひょう)の被害は確認しましたか?
  4. 不動産投資

    衰退・縮小
    不動産業界の中に空室問題の解決策はない
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科