大型バイクのイメージ

20Stepステップコンサル

楽器と大型バイク(No.11)

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

防音、騒音、防犯設備は必要なし!

前回は「SOHO・事務所利用を受け入れよう」でした。地域によってはリスクが大きくて躊躇している大家さんもいるでしょう。無理せず、少しずつ入居者の間口を広げていきましょう。

さて、第11回は「楽器と大型バイク」です。

一般的に、楽器可にするなら防音設備が、大型バイク対応するなら騒音対策と防犯設備が求められます。でも、本当にこうした設備が必要なのでしょうか?

いいえ、不要です。

なぜなら、ほかの入居者が「そういうものだ」と認識さえしていればクレームにならないからです。クレームになるのは「静かな物件だと思っていたのに、うるさくて落ち着かない!」といった認識と現実にギャップがあるときです。ですので、最初から「この物件は楽器演奏や大型バイク可だから静かで落ち着いた環境でないな」と思って入居していればクレームにならないのです。

既存入居者に確認!

楽器可の場合、例えば、音大生をターゲットにした物件では、防音設備のない普通の建物も珍しくありません。同じ大学の学生同士なので、お互い様の感覚なのです。一方、一般入居者と混在するときは、既存入居者に相談しましょう。演奏してよい時間帯を限定することで、理解を得られやすくなります。

大型バイク可の場合

次に、大型バイクです。都市部ではバイク置場のある物件は希少です。もし、敷地内の駐車場が余っているならバイク置場に転用しましょう。騒音対策は、例えば、大きな音の出る運転をしないことと、違法改造を禁止することを特約に明記することで対応できます。

どちらもルールを守ってくれることが重要です。そこで当初 6 ヶ月間の定期借家として様子を見るのも1つです。問題なければ再契約します。

1

2

関連記事

  1. シングルマザーの入居者イメージ

    シングルマザーを受け入れよう(No.04)

  2. オートロックイメージ

    防犯対策・オートロック化をどうするか(No.20)

  3. 高齢者の入居者イメージ

    高齢者を受け入れよう(No.02)

  4. 3点ユニットイメージ

    時代遅れの二大設備の対処法(No.17)

  5. 予算の捻出

    空室対策の予算の設定方法と捻出方法(No.21)

  6. ルームシェアの入居者イメージ

    ルームシェアを受け入れよう(No.08)

  7. 入居申込書イメージ

    適正な家賃設定をする方法(No.14)

  8. 問題の解決イメージ

    空室の原因と対策 その1(業者側の問題)(No.15)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES