大家さんとアパート

その他

なぜ、大家業は資格も免許もいらないのか?

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

宅建業法のテキストなどで早い段階に取引の定義を学びます。ここで、自ら当事者として不動産を貸すのに免許も資格もいらないと説明されます。

宅建業の範囲
不動産実務検定2級テキスト(11版)p.47より

あなたはきっと へ〜そうなんだ としか思わなかったことでしょう。私も同じです。

しかし、改めて何故なのか? と疑問に思ってもテキストに説明はありません。

私の仮説は 大家業は事業ではない と考えられていたから、です。

例えば、飲食業は事業であり、飲食店営業許可が必要で、食品衛生責任者(資格)が必要です。しかし、自分や家族にご飯を作ったりご近所さんにお裾分けをするのに許可も資格も不要です。これらは事業ではないからです。

大家業も法律を作ったときは同じような扱いだったのではないかとか思うのです。

どうでしょうか。

この考え方は、個人の所得税で事業的規模というものがあったり、経済産業省の補助金の対象外とされたり(今は少し違います)、アパートローンとプロパーローンの扱いだったりからも伺い知ることができます。

追伸

こういうのって当時の国会の議事録を調べると出てくるものなのかなあ。あとは 不動産業の成り立ち みたいな本が不動産学部のある明海大学の図書館に所蔵されているのかなあ。

関連記事

  1. スマホメール

    絶対に満室経営を手に入れたいあなたへ

  2. 年末年始は建物や家財の破損・汚損をチェックしよう

    年末年始、自宅と賃貸物件の建物と家財の破損・汚損チェックをしよう!!

  3. 物件が買えない人の共通パターン3選その2

    物件が買えない人の共通パターン3選その2

  4. 不動産投資の幸福論

    新・不動産投資の幸福論/序章

  5. 大規模修繕後に物件名を変更する

    痛い物件名を今風の物件名に変える10ステップ

  6. 物件が買えない人の共通パターン3選その1

    物件が買えない人の共通パターン3選その1

  7. YouTubeは時間どろぼう

    もうYouTubeを観るの、やめませんか?

  8. YouTubeコメント投稿

    Youtubeコメント時の名前を変える方法

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES