不動産実務検定の受験について

不動産実務検定の申し込み方法

不動産実務検定の申し込み方法は、2通りあります。もし、認定講座を受講するなら、講師経由で受験申し込みをすることになります。認定講座を受講することなく、いきなり(?)受験するには、公式ホームページからの受験申し込みとなります。

認定講座を受講してから受験するのが王道

確かに、不動産実務検定は合格率が比較的高く、書店で参考書も手に入りますので、完全に独学からいきなり受験するのも良いでしょう。しかし、いつでも受験できるので、年に1度の試験日しかない資格と合格率と単純比較は禁物です。つまり、合格率以上に難しいものと考えた方が良いでしょう。

もっとも、検定を受けるのが、単なる資格を増やしたいだけでなく、検定はあくまで理解度チェックが目的であり、体系化された実務知識を網羅して手に入れることが目的ならば、やはり認定講座を受講したいものです。さらに知識だけでなく、不動産仲間や講師といった人脈も広がります。今後、ネット上には様々な情報で溢れかえりますので、検索して調べるのに情報量が多すぎて調べきれない時代になるでしょう。そうなると、専門家や仲間からの情報が今以上に重要になります。認定講座を受講することで、知識だけでなく人脈も手に入れてみましょう。

いきなり(?)受験するのもあり!

ある程度、知識に自信があるなら、いきなり受験するのもありです。合格してJ-RECに入会すれば、認定勉強会などを通じて、最新情報や人脈を手に入れることもできます。合格できる実力があるなら、こちらの方が効率は良いのかもしれません。

受験の申し込みをするにあたり、公式ホームページはこちらとなります。

家族みんなで勉強したり社員研修に使うならホームスタディー講座を検討しよう!

もし関係者複数で勉強したり受験したりするなら、ホームスタディー講座を購入するといいでしょう。DVDまたはオンライン動画で講義を視聴できます。特にオンライン講座なら、テキストの更新に合わせて動画も更新されたものが視聴できますので、新しい実務知識が手に入ります。

ホームスタディー講座の詳細やご購入はこちらとなります。


まずは体験受講から

東京大家塾を主宰する大友が講師を務める不動産実務検定認定講座の体験受講は、3月までは毎週木曜日の午後7:30より池袋で、4月からは新宿で開催しています。詳しくはこちらです。

体験受講詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 不動産実務検定の勉強

    不動産実務検定の勉強時間

  2. 不動産流通実務検定 スコア

    不動産実務検定“スコア”とは

  3. 不動産実務検定1級ホームスタディー

    不動産実務検定は独学で合格できるか

  4. 不動産実務検定の勉強法

    不動産実務検定の勉強法

  5. 不動産実務検定の日程

    不動産実務検定の日程

  6. 不動産実務検定のメリット

    不動産実務検定のメリット

  7. 不動産実務検定の試験日

    不動産実務検定の試験日は毎日

  8. 不動産実務検定年会費

    不動産実務検定の年会費

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES