ホームスタディー講座オンライン版

不動産実務検定の難易度

不動産実務検定の難易度としては、2級(満室経営)は8割、1級(物件取得)は5割の合格率です。

難易度は年に一度の試験と単純に比較できない

不動産の資格といえば、宅建士(宅地建物取引士)。宅建士の難易度は、合格率でいうと例年10%前後です。不動産実務検定は、合格率だけ比較すると、はるかにやさしい試験のように感じます。しかし、宅建士の試験は年に一度。一方、不動産実務検定は、CBT(コンピュータによる試験)なので、ほぼ毎日受験が可能。そのため両者の難易度を単純に比較することはできません。

なぜなら、CBTは受験日を自分で決められるからです。つまり「合格する自信が持てるまで勉強して」から受験するのです。一方の宅建士の受験日は年に1度だけ。受験の願書を出した手前、受験せざるを得ない人たちが一定数はいます。つまり母数が多いのです。そのため難易度を測る合格率の数値は下がりやすいのです。

そう考えると、2級(満室経営)の合格率8割といえども、油断して受験すると2割の不合格の方に入ってしまいかねませんね。

一発試験の難易度は上がる

なお、不動産実務検定の合格率、2級(満室経営)は8割・1級(物件取得)は5割は、それぞれ12時間の認定講座を受講して5問免除となった受験者の場合です。ですので、認定講座を受講せずに受験した方の合格率は1割下がると言われています。そうすると、2級(満室経営)は7割・1級(物件取得)は4割と、さらに難易度が上がります。

不動産実務検定は落とすための試験ではない

ちなみに、不動産実務検定は、理解度チェックの意味合いが強いものです。そのため、宅建士と異なり落とすための試験ではありません。ですので、認定講座を受講したり、ホームスタディー講座でDVDやオンライン動画で講義を聴いたり、そしてじっくり復習をすることで、必ず合格できるものです。難易度は、あまり気にすることはありません。

オススメはホームスタディー講座オンライン版

不動産実務検定を活用して、アパート・マンション経営を体系的に網羅された実務知識を手に入れるなら、ホームスタディー講座のオンライン版がオススメです。なぜなら、スマホでもタブレットでどこでも視聴できますし、PCで倍速再生させた高速学習も可能だからです。また、実際の講義の受講も無料できたり、その結果5問免除の特典があ流ので難易度が下がったりと、大変おトクになっています。

ぜひ、ホームスタディー講座のオンライン版を手に入れてくださいね。詳細はこちら

 


まずは体験受講から

東京大家塾を主宰する大友が講師を務める不動産実務検定認定講座の体験受講は、3月までは毎週木曜日の午後7:30より池袋で、4月からは新宿で開催しています。詳しくはこちらです。

体験受講詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 不動産実務検定の試験日

    不動産実務検定の試験日は毎日

  2. 不動産実務検定の勉強法

    不動産実務検定の勉強法

  3. 受験資格

    不動産実務検定の受験資格

  4. 不動産実務検定と就職

    不動産実務検定は就職に有利か

  5. 不動産実務検定テキスト3種

    不動産実務検定のテキストの入手方法

  6. 不動産実務検定の受験について

    不動産実務検定の申し込み方法

  7. 不動産流通実務検定 スコア

    不動産実務検定“スコア”とは

  8. 宅地建物取引士

    不動産実務検定は国家資格ではなく民間資格

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES