ステージングした部屋のイメージ

ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック(No.19)

ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック!

前回は「相場に見合ったありきたりな部屋にする」でした。隅々まで行き届いた清掃、10万円未満で出来る設備投資など、予算は少なくとも大切なお客様をお迎えする気持ちで行動したいものです。

さて、第19回は「ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック」です。

無難な部屋を無難な家賃で貸すには、決定力に欠けています。それでも、お客様に選んでもらえる部屋にする方法があります。いったいどのような方法でしょうか?

それは「ステージング」です!

ちょっとした小物で飾りつけるのです。

なぜ、小物の飾りつけなのかというと、1~2万円の小予算で特別な部屋にすることができるからです。例えるならプレゼントのラッピングです。ありきたりなモノでも、特別なモノに見えますよね。

具体的には「カーテン、間接照明、テーブル・イス・テーブルクロス、ラグ、スリッパなど」を設置します。購入するのはニトリやイケアが最適です。

カーテンは太陽の強い光や、窓の外のマイナスイメージを和らげる効果を狙います。また、間接照明は柔らかい空間の演出ができます。テーブルやイスは実際に生活しているイメージを喚起できます。また、イスは内覧で疲れたお客様の体を休ませることができます。すると滞在時間が長くなり、印象に残りやすくなります。

次に、ラグ(大きめのマット)です。スリッパと合わせて床面のアクセントになり、お客様の意識がやや下に向きます。そうすると、天井の低さや梁の出っ張りによる圧迫感が和らぎます。というと、ちょっと大げさですが、それでも、ここまでしている物件はなかなかありません。お客様はもちろん、仲介担当者の印象にも残ります。

配色バランスに注意!

最後に、ステージングで特に注意してほしいのは配色バランスです。

色はセンスではなくシステムです。あるイメージとするには決まったパターンの配色があります。この情報は書店やネットですぐに手に入ります。

いかがでしたでしょうか。

ありきたりな部屋でもステージングすることで、特別な雰囲気の部屋に見せることができます。また、写真の写りも良くなりますので、募集チラシに使って内覧数アップも期待できます。

次回は「防犯対策・オートロック化をどうするか」をテーマとします。防犯意識の高まる中、建物の構造や予算の都合上、なかなか対処できないところをどうするのかをお伝えいたします。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供、各種同行サービスなどが受けられます。まずは、おトクなメルマガ登録を。そして、はじめてセミナーにお越しくださいね。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. パートナー選びのイメージ

    パートナー選びのポイント(前編)(No.25)

  2. 入居申込書イメージ

    適正な家賃設定をする方法(No.14)

  3. ワンルームイメージ

    相場に見合ったありきたりな部屋にする(No.18)

  4. 3点ユニットイメージ

    時代遅れの二大設備の対処法(No.17)

  5. 入居ルールイメージ

    空室を作らないポイント(ソフト編)(No.23)

  6. オートロックイメージ

    防犯対策・オートロック化をどうするか(No.20)

  7. 注意点イメージ

    間口を広げることの注意点(No.12)

  8. 子育て世帯の入居者イメージ

    子育て世帯を受け入れよう(No.05)

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    アパート・マンション経営の失敗
    アパート・マンション経営で失敗する5つの理由と回…
  2. 大家の会の活用方法

    大家の会イメージ
    大家の会の種類と選び方・遠方の場合・効果的な参加…
  3. 空室対策トピックス

    古いキッチン
    空室対策でキッチンにおしゃれなガステーブルを設置…
  4. 大家さんTV

    対談動画タイトル画像.008
    地域創生で不動産投資の枠を超越|プロフェッショナ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP