ステージングした部屋のイメージ

ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック(No.19)

ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック!

前回は「相場に見合ったありきたりな部屋にする」でした。隅々まで行き届いた清掃、10万円未満で出来る設備投資など、予算は少なくとも大切なお客様をお迎えする気持ちで行動したいものです。

さて、第19回は「ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック」です。

無難な部屋を無難な家賃で貸すには、決定力に欠けています。それでも、お客様に選んでもらえる部屋にする方法があります。いったいどのような方法でしょうか?

それは「ステージング」です!

ちょっとした小物で飾りつけるのです。

なぜ、小物の飾りつけなのかというと、1~2万円の小予算で特別な部屋にすることができるからです。例えるならプレゼントのラッピングです。ありきたりなモノでも、特別なモノに見えますよね。

具体的には「カーテン、間接照明、テーブル・イス・テーブルクロス、ラグ、スリッパなど」を設置します。購入するのはニトリやイケアが最適です。

カーテンは太陽の強い光や、窓の外のマイナスイメージを和らげる効果を狙います。また、間接照明は柔らかい空間の演出ができます。テーブルやイスは実際に生活しているイメージを喚起できます。また、イスは内覧で疲れたお客様の体を休ませることができます。すると滞在時間が長くなり、印象に残りやすくなります。

次に、ラグ(大きめのマット)です。スリッパと合わせて床面のアクセントになり、お客様の意識がやや下に向きます。そうすると、天井の低さや梁の出っ張りによる圧迫感が和らぎます。というと、ちょっと大げさですが、それでも、ここまでしている物件はなかなかありません。お客様はもちろん、仲介担当者の印象にも残ります。

配色バランスに注意!

最後に、ステージングで特に注意してほしいのは配色バランスです。

色はセンスではなくシステムです。あるイメージとするには決まったパターンの配色があります。この情報は書店やネットですぐに手に入ります。

いかがでしたでしょうか。

ありきたりな部屋でもステージングすることで、特別な雰囲気の部屋に見せることができます。また、写真の写りも良くなりますので、募集チラシに使って内覧数アップも期待できます。

次回は「防犯対策・オートロック化をどうするか」をテーマとします。防犯意識の高まる中、建物の構造や予算の都合上、なかなか対処できないところをどうするのかをお伝えいたします。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 家賃下落イメージ

    家賃下落の対抗策(No.24)

  2. 問題の解決イメージ

    空室の原因と対策 その1(業者側の問題)(No.15)

  3. アパートイメージ

    空室の原因と対策 その 2(大家側の問題)(No.16)

  4. ペットを飼う入居者イメージ

    ペットを受け入れよう(No.09)

  5. 今すぐのイメージ

    今すぐ出来る空室対策全28回

  6. 障がい者の入居者イメージ

    障がい者を受け入れよう(No.06)

  7. 入居ルールイメージ

    空室を作らないポイント(ソフト編)(No.23)

  8. 3点ユニットイメージ

    時代遅れの二大設備の対処法(No.17)

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  2. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
  3. 空室対策トピックス

    コンサルティング会社
    空室対策の会社選びの3つポイント
  4. 空室対策トピックス

    空室対策ミスマっチ
    空室対策のもっとも簡単な方法
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES