オートロックイメージ

防犯対策・オートロック化をどうするか(No.20)

防犯対策をどうするか!

前回は「ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック」をご紹介しました。ちょっとした小物で演出することで見栄えを良くする方法です。ネットで部屋探しをする人が増えた今、写真の見栄えも重要ですね。

さて、第20回は「防犯対策・オートロック化をどうするか」です。

オートロックのない物件は防犯上敬遠されやすいものです。かといって、後付でオートロック化するには工事費が高すぎます。となると、家賃を下げるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

防犯対策はオートロックだけではありません。結局は内覧したときに「大丈夫そうだ」と感じてもらえるかどうかです。具体的な方法を3つ紹介します。

玄関ドアと窓の防犯強化!

まずは、玄関ドアの防犯強化です。

空き巣の手口は、ピッキングとバールによるこじ開けとサムターン回しです。この手口を防ぎます。ピッキングに強い錠に交換し、ガードプレートを取り付けて、サムターン回し防止グッズを取り付けます。費用は全部で2万円程度です。

続いて、窓の防犯強化です。

こちらは補助錠の取り付けと窓ガラスの振動に反応する防犯ブザーが効果的です。いずれも数千円程度です。

最後は、建物全体に明るくて安全そうなイメージの演出です。

例えば、小まめな清掃と整理・整頓による清潔感、建物の死角は照明を明るめに、エントランスに造花でも良いので花を置く、などがあります。こうした地道なことが防犯対策になるのです。

上級編

防犯カメラや電子錠の導入です。

どちらも高価なイメージがありますが、今や防犯カメラ本体だけなら2万円程度なのです。電子錠も3万円程度から。大手のブランドでなければ安く導入できます。また、オートロックも新しいタイプが開発されています。無線や携帯電話を利用することで配線コストを削減するものです。

いかがでしたでしょうか。

実はオートロックも万全ではないことは既に知られています。単に「安全そう」というイメージだけなのです。ただ、ネットの検索で除外される可能性は大ですので、これまでの連載で紹介したテクニックを駆使して、内覧してもらえる物件にすることが優先されます。

次回は「空室対策の予算の設定方法と捻出方法」を紹介します。家賃や築年数で空室対策の予算は異なるものです。また予算を捻出するのも悩ましいものですよね。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 敷金礼金の問題点

    敷金と礼金を見直そう(No.13)

  2. ペットを飼う入居者イメージ

    ペットを受け入れよう(No.09)

  3. アパートイメージ

    空室の原因と対策 その 2(大家側の問題)(No.16)

  4. ステージングした部屋のイメージ

    ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック(No.19)

  5. 期待しすぎてはいけないイメージ

    不動産会社に期待しすぎてはいけない(No.27)

  6. ルームシェアの入居者イメージ

    ルームシェアを受け入れよう(No.08)

  7. 3点ユニットイメージ

    時代遅れの二大設備の対処法(No.17)

  8. 外国人入居者イメージ

    外国人を受け入れよう(No.03)

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES