高齢者の入居者イメージ

高齢者を受け入れよう(No.02)

高齢者の居住状況

前回は「被災者に住まいを提供しよう」でした。被災者のために出来ることを出来る範囲でやりましょう。

さて、第2回は「高齢者を受け入れよう」です。

東京23区を例にすると、65歳以上の世帯数は約95万世帯です。持家率は67.48% あります(総務省統計局「平成20年住宅・土地統計調査」より)。その中には、賃貸住宅に住み替える人もいるでしょう。この数は無視できません。

しかし、高齢者が入居することによるトラブルは大丈夫なのでしょうか? 特に家賃滞納と孤独死です。とりわけ孤独死のリスクは脅威です。でも、心配無用です。今は新しいサービスがあるので、これらのリスクを管理できます。

高齢者のリスクを管理する3つの方法

まず、家賃滞納リスクは保証会社にリスクを転嫁します。保証会社は高齢だからという理由だけでは否認しません。もちろん、保証料は入居者負担を原則とする考えで構いません。

次に、孤独死のリスクは、安否確認サービスで早期発見することで回避します。発見が遅れると、本当に自然死なのか警察の調査が入ります。「何か事件があったのでは?」と悪い噂が広がり、ほかの入居者も退去しかねません。また、想像を絶する異臭に、消臭剤は役に立ちません。室内のフルリフォームが必要です。原状回復に大きな出費が伴います。

さらに、身寄りのない高齢者だと、葬儀費用も負担する羽目になります。被害額は100万円を超えることもあります。

このリスクを回避するのに、月額980円の安否確認サービス(げんきでんわ)(現在はサービス停止)が便利です。毎日電話をしてくれて安否確認をしてくれます。しかも、その結果をメールで送信してくれます。

あなたも高齢者を受け入れてみよう!

また、損害保険に入って、万が一のときの被害額を補填するのも良いでしょう(例:株式会社アソシア「大家の味方」)。別の方法としては、生命保険に入ってもらうのも良いでしょう。入居者の死亡保険金を大家さんが受け取ることで、葬儀費用などに充てる方法もあります(例:株式会社メモリード・ライフの少額短期保険)。いずれも保険料は入居者負担を原則とします。

このように、以前は断っていたような入居希望者でも、そのリスク管理する方法があり、費用を負担してもらえるなら、入居を断る理由はなくなります。他の大家さんが断っている入居希望者を、上手に受け入れることで、満室経営に近づけられます。

次回は、外国人のリスク管理方法を紹介いたします。

空室にお困りなら空室診断から。どのような診断方法なのか、事例紹介動画をご覧ください。今なら半額、さらに現地訪問しての空室診断無料で受けられる特典付き。詳しくはこちらです。

事例紹介動画の詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 今すぐのイメージ

    今すぐ出来る空室対策全28回

  2. 子育て世帯の入居者イメージ

    子育て世帯を受け入れよう(No.05)

  3. 外国人入居者イメージ

    外国人を受け入れよう(No.03)

  4. 問題の解決イメージ

    空室の原因と対策 その1(業者側の問題)(No.15)

  5. 予算の捻出

    空室対策の予算の設定方法と捻出方法(No.21)

  6. 家賃下落イメージ

    家賃下落の対抗策(No.24)

  7. ステージングした部屋のイメージ

    ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック(No.19)

  8. パートナー選びの基準

    パートナー選びのポイント(後編)(No.26)

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES