06:定期借家のメリット

定期借家契約を
一般的なアパート・マンションで
使うメリットを紹介します。

最大のメリットは

不良入居者のような
入居ルールを守らない入居者に
立退料なしに退去してもらえることです。

 

これが普通借家契約だと
ルール違反をしている入居者なのに
立退料の話になってしまうのです。

定期借家契約の場合は
立退料の話にはなりません。

 

とは言え
力づくで退去はさせられません。

例えば大家さんの方で

  • 勝手に鍵を交換してしまう
  • 勝手にドアをロックしてしまう
  • 勝手に荷物を外に出してしまう

ことは自力救済といって
違法行為となります。

あくまで

契約期間の満了を根拠に
入居者さんに自主的に
退去してもらうことが必要です。

ご注意を。

 

なお

素直に退去しないかな〜

という入居者さんに対して

私たちの場合は
行政の無料弁護士相談や
都庁(県庁)の相談窓口の連絡先を
教えていました。

定期借家契約の威力(?)を
本来は入居者の味方(?)をする
窓口の人から説明してもらい
諦めてもらうことを意図しています。

 

定期借家契約のメリットとして
他には

家賃の値上げをしやすいのと
契約期間を自由に設定できること。

 

例えば

最初の6ヶ月間は家賃を安くして
7ヶ月目の再契約の時に家賃を上げる

なんて契約ができます。

 

こうした契約形態って
ほかの業界やサービスで
良くあると思いませんか?

 

定期借家契約だと
こうした柔軟な契約形態を
実現することができます。

 

会員さんの事例で面白いのが
起業応援プラン。

 

起業したばかりの法人に
1年間は家賃を安くしてあげて

事業が軌道に乗ってくる
2年目から家賃を相場に戻す

と言う契約形態。

 

もし事業がうまくいかず
家賃を払うのも困難になれば
契約の期間満了で退去です。

家賃不払いで居座られるリスクを
軽減できますよね。

 

こうした戦術が使えるのも
定期借家契約の優れた利点です。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 23:客付業者対策

  2. 11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

  3. 03:定期借家契約でも普通に契約できる

  4. 20:業者とお客様の心理を知る

  5. 定期借家0000

    00:定期借家実践講座

  6. 18:普通借家の役割は終わった

  7. 13:定期借家の誤解2

  8. 22:元付業者対策

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES