12:定期借家の誤解1

今回は定期借家の誤解のうち
前半の4つを解説します。

1、貸主自ら事前説明をしなければならない

これは誤解です。

事前説明(更新のない旨を書面で説明)は
不動産仲介会社や管理会社の
代理説明で大丈夫です。

 

2、契約書は公正証書にしなければならない

これは誤解です。

公正証書にすべき契約は
定期借家契約(建物)ではなく
定期借地契約(土地)の場合です。

 

3、普通借家契約から定期借家契約の切り替えはできない

これは誤解です。

ただし最初の契約が
平成12年4月以降で
あることが条件です。

もちろん
借主の合意は必要です。

 

4、家賃を下げなければいけない

これは誤解です。

私たちの事例では
家賃を下げずとも
相場家賃で契約した
事例が多くあります。

この場合は再契約型と
明記した契約書を使います。

 

もし仮に家賃を下げるとしたら
当初から再契約をしないとき…

例えば取り壊しが決まっている
物件のときとなります。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供、各種同行サービスなどが受けられます。まずは、おトクなメルマガ登録を。そして、初めてセミナーにお越しくださいね。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. 28:定期借家制度改正の方向

  2. 23:客付業者対策

  3. 27:事例その3|ロフト大好きなあなたに最適!4.5帖のひろ~~~いロ…

  4. 06:定期借家のメリット

  5. 13:定期借家の誤解2

  6. 30:結論

  7. 定期借家0001

    01:長く住みたい住まいをつくろう!

  8. 17:普通借家→定期借家は合法

最近の記事

  1. 不動産投資

    新型コロナウイルス
    コロナショックによる競売と任意売却と不動産価格の…
  2. 不動産投資

    不動産投資の投資基準のイメージ
    不動産投資の投資基準(判断基準)は一朝一夕には出…
  3. 大家の会の活用方法

    高額セミナーイメージ
    高額塾・大家塾・大家の会で注意したい5つのポイン…
  4. 不動産実務検定

    アパート・マンション経営の失敗
    アパート・マンション経営で失敗する5つの理由と回…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP