12:定期借家の誤解1

今回は定期借家の誤解のうち
前半の4つを解説します。

1、貸主自ら事前説明をしなければならない

これは誤解です。

事前説明(更新のない旨を書面で説明)は
不動産仲介会社や管理会社の
代理説明で大丈夫です。

 

2、契約書は公正証書にしなければならない

これは誤解です。

公正証書にすべき契約は
定期借家契約(建物)ではなく
定期借地契約(土地)の場合です。

 

3、普通借家契約から定期借家契約の切り替えはできない

これは誤解です。

ただし最初の契約が
平成12年4月以降で
あることが条件です。

もちろん
借主の合意は必要です。

 

4、家賃を下げなければいけない

これは誤解です。

私たちの事例では
家賃を下げずとも
相場家賃で契約した
事例が多くあります。

この場合は再契約型と
明記した契約書を使います。

 

もし仮に家賃を下げるとしたら
当初から再契約をしないとき…

例えば取り壊しが決まっている
物件のときとなります。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 27:事例その3|ロフト大好きなあなたに最適!4.5帖のひろ~~~いロ…

  2. 23:客付業者対策

  3. 22:元付業者対策

  4. 24:入居者に嫌がられないか?

  5. 定期借家0001

    01:長く住みたい住まいをつくろう!

  6. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  7. 16:定期借家契約締結上のルール

  8. 02:定期借家とは

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES