16:定期借家契約締結上のルール

続いて契約締結上のルールをまとめます。

まず

更新がない契約である旨の説明を
賃貸借契約の前に
書面で行います。

この書面交付は重要です。
定期借家契約成立の要件になります。

そして

賃貸借契約は必ず
書面で行います。

 

ちなみに

日本の法律の原則論でいうと
口頭で契約は成立します。

書面を交わすのは
トラブル防止の側面と

もう1つ

賃貸借契約でいうと
仲介会社が業務を行うときは
宅建業法で書面を作成することを
義務付けられています。

 

なお

繰り返しになりますが
定期借家契約の成立要件として
賃貸借契約は書面を
作成する必要があります。

口頭のみでは
定期借家契約は成立しません。

 

そして

契約を終了するにあたり
家主(貸主)側から
6ヶ月前に通知を出す
必要があります。

書面で、との記載は
条文にはないのですが

重要な通知なので
書面で行いましょう。

 

なお

終了通知書がもしも
6ヶ月前より過ぎても

通知を出してから
6ヶ月後に契約は終了できます。

 

最後に

契約期間が1年未満の場合は
6ヶ月前に終了通知書は
出さなくても大丈夫です。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 27:事例その3|ロフト大好きなあなたに最適!4.5帖のひろ~~~いロ…

  2. 18:普通借家の役割は終わった

  3. 05:自然退去 VS 定期借家

  4. 06:定期借家のメリット

  5. 04:定期借家活用方法

  6. 28:定期借家制度改正の方向

  7. 03:定期借家契約でも普通に契約できる

  8. 07:普通借家の悪夢

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES