不動産実務検定の勉強法

不動産実務検定の勉強法

不動産実務検定勉強法は、公式テキストと宿題による予習、講義やDVDやオンライン動画による学習、そして復習が基本となります。

不動産実務検定の勉強法の基本は講義やDVDやオンライン動画

不動産実務検定の勉強法の基本は、講義やホームスタディー講座のDVDやオンライン動画となります。講義は対面なので緊張感を持って受講できますので、それだけ知識や記憶に残ることでしょう。一方、ホームスタディー講座のDVDやオンライン動画は、繰り返し視聴できたり、倍速再生することで高速学習ができるメリットがあります。リアルの講義かホームスタディー講座のどちらの勉強法が良いかは、お住いの地域やあなたに合う学習スタイルによると言えます。

講義などの学習効果を高める勉強法の基本

勉強法の基本は、宿題による予習をしっかりとすることです。これは、講義の時間でテキストのすべてを解説することはできないので、予習をしておいてもらって、講義当日はテキストを読んでわかりづらかったところを意識して受講したり、講師に質問したりしてもらうことを意図しています。講師に質問できるのが、リアル講義の最大のメリットです。このメリットを取り入れた勉強法を活用しましょう!

復習するときの勉強法は公式テキストの太字の部分や備考欄を中心に

復習するときの勉強法としては、公式テキストの太字の部分や備考欄を意識してみてください。なぜなら、問題作成者はそうした部分を意識して問題を作成する傾向にあるからです。ノートに箇条書きするのもいいのですが、私のオススメはマインドマップにまとめること。マインドマップについては、多くの図書があります。どれでも1冊読めばすぐに使いこなせるようになります。オススメは次の図書です。

マインドマップは、不動産実務検定の勉強だけでなく、さまざまなところで活用できる勉強法になるで、この機会にマスターしてみましょう!

4択の練習問題を解く勉強法も重要

認定講座(リアル講義)を受講すると、4択の練習問題が配布されます。これで頭の中に不足している知識が何か、どの部分が弱いかがわかりますので、テキストに戻りマインドマップで細かい部分まで整理します。そして、もう一度、練習問題を解いてみます。このとき、日を改めて解いてみることです。なぜなら、短期記憶から長期記憶に移せるからです。


まずは体験受講から

不動産実務検定テキスト3種

不動産実務検定テキスト3種

東京大家塾を主宰する大友が講師を務める不動産実務検定認定講座の体験受講は、主に毎週水曜日の午後7:30より新宿で開催しています。詳しくはこちらです。

体験受講詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

関連記事

  1. 評判・口コミ・お客様の声のイメージ

    不動産実務検定の評判・口コミ・お客様の声

  2. 動画再生

    不動産実務検定ホームスタディー講座にオンライン版が登場

  3. 不動産実務検定のメリット

    不動産実務検定のメリット

  4. 不動産実務検定の受験について

    不動産実務検定の申し込み方法

  5. 宅地建物取引士

    不動産実務検定は国家資格ではなく民間資格

  6. 「不動産投資のツボ」365問

    不動産実務検定に過去問はない

  7. 不動産実務検定の受験料イメージ

    不動産実務検定の受験料

  8. 不動産実務検定テキスト3種

    不動産実務検定のテキスト入手方法

最近の記事

  1. マンション経営

    マンション経営
    マンション経営に役立つ資格ベスト5
  2. アパート経営

    アパート経営
    アパート経営に役立つ資格ベスト5
  3. 大家さんTV

    家具工房付き賃貸住宅への挑戦|プロフェッショナル…
  4. 大家さんTV

    プロフェッショナル不動産の流儀 第2回「杉森真哉」×「大友哲哉」
    相続コンサルが見る空き家問題の未来とは!?|プロ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科