不動産実務検定の合格イメージ

不動産実務検定の合格率

不動産実務検定の合格率は、2級(満室経営)が8割、1級(物件取得)が5割前後となっています。ですが、あまり合格率を気にすることはありません。

不動産実務検定の合格率は高い?

合格率が2級(満室経営)が8割、1級(物件取得)が5割前後と聞くと、やさしい資格のように思えます。例えば、不動産業界を代表する資格である宅地建物取引士の合格率は1割前後です。

しかし、合格率を単純に比較するわけにはいかないものです。なぜなら、宅地建物取引士の試験日は年に1回。それも願書の締め切りは7月ごろ。要するに、宅地建物取引士の場合は、記念受験と言いますか「合格できないだろうけど一応受験する」という受験者数が一定数はいるものです。そうなると受験者数の母数が多くなるので、合格率は下がります。

一方、不動産実務検定は、CBT方式のためほぼ毎日受験できます。ですので「合格できる自信がついてから受験する」という選択肢が取れます。こうした受験者ばかりの中での合格率が、2級(満室経営)8割、1級(物件取得)5割というのは、それほど楽観視できない合格率と言えます。

確実に合格するにはホームスタディー講座&講義を活用しよう

どうせなら1回の試験で合格したいもの。また、合格が目的ではなく、体系化された実務知識を網羅することにあるなら、ホームスタディー講座、特にオンライン版で繰り返し視聴すること。さらに、実際の講義を受けることで独学で分からなかったことを質問したり、講義を通じてさらに理解を深めたりすることです。しかも、講義を8割以上出席することで5問免除にもなりますので、合格率を高めることができます。

 


まずは体験受講から

東京大家塾を主宰する大友が講師を務める不動産実務検定認定講座の体験受講は、3月までは毎週木曜日の午後7:30より池袋で、4月からは新宿で開催しています。詳しくはこちらです。

体験受講詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 不動産実務検定と宅建

    不動産実務検定と宅建の違い・メリット・デメリット

  2. 不動産実務検定の勉強法

    不動産実務検定の勉強法

  3. 不動産実務検定テキスト3種

    不動産実務検定のテキストの入手方法

  4. 不動産実務検定と就職

    不動産実務検定は就職に有利か

  5. 評判・口コミ・お客様の声のイメージ

    不動産実務検定の評判・口コミ・お客様の声

  6. 不動産実務検定の平均点

    不動産実務検定の平均点は非公開

  7. 不動産実務検定年会費

    不動産実務検定の年会費

  8. 不動産実務検定の試験日

    不動産実務検定の試験日は毎日

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    全空対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    長期入居促進10級|定期清掃のレベルアップを図る…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES