シングルマザーの入居者イメージ

シングルマザーを受け入れよう(No.04)

ひとり親世帯は増加している!

前回は「外国人を受け入れよう」でした。外国人ならではのリスクを上手に管理しましょう。将来の留学生や移民の激増に対応できるでしょう。

さて、第4回は「シングルマザーを受け入れよう」です。

全国の母子家庭、父子家庭世帯は約91万人です。(国税調査 平成25年)大家さんたちは、どのようなトラブルを心配しているのでしょうか? それは、家賃を滞納しやすいことと、別れた配偶者とのトラブルです。でも、それほど心配はいりません。なぜなら、このトラブルは想定内なのでリスク管理すれば良いのです。

想定内のトラブルは前もって対策!

まず、家賃滞納リスクは保証会社に転嫁します。保証会社も断りません。母子家庭には、児童扶養手当や住宅手当や上下水道料金の減免など、自治体ごとに異なりますが、驚くほど幅広い支援メニューがあるのですから。

次に、別れた配偶者とのトラブルです。こちらは最悪、傷害事件に発展するケースも想定します。入居希望者に大丈夫か聞いたところで意味はありません。そこで、6ヶ月間の定期借家契約とします。トラブルの兆候があれば退去してもらうと伝えます。円満に離婚しているなら問題ないはずです。もし嫌がられるなら、入居をお断りしましょう。

大家としてできる範囲で助ける!

最後に注意したいことが2点あります。子育て優先のために安定した仕事に就けず収入が不安定な方が多いです。公営住宅の入居待ちをしていて、意外と早くに退去されることがあります。また、必要以上に同情しないことです。本当に不幸な人はいるものです。しかし、大きな問題を抱えた人たちを助けることは、大家さんの役割を超えています。

いかがでしたでしょうか。

このようにリスク管理する方法を知ることで、住まい探しに困っている人を助けてあげられます。しかも家賃収入が入ります。ビジネスを通して人助けができるのは誇らしいことです。自分の仕事を家族に胸を張って話すことができますね。

次回は、子育て世帯のリスク管理方法を紹介します。

空室にお困りなら空室診断から。どのような診断方法なのか、事例紹介動画をご覧ください。今なら半額、さらに現地訪問しての空室診断無料で受けられる特典付き。詳しくはこちらです。

事例紹介動画の詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 高齢者の入居者イメージ

    高齢者を受け入れよう(No.02)

  2. 水商売のイメージ

    水商売の人を受け入れよう(No.07)

  3. 注意点イメージ

    間口を広げることの注意点(No.12)

  4. 大家さんの身の振り方イメージ

    今後の大家さんの身の振り方(No.28)

  5. 期待しすぎてはいけないイメージ

    不動産会社に期待しすぎてはいけない(No.27)

  6. 空室対策の設備イメージ

    空室を作らないポイント(ハード編)(No.22)

  7. 入居ルールイメージ

    空室を作らないポイント(ソフト編)(No.23)

  8. 予算の捻出

    空室対策の予算の設定方法と捻出方法(No.21)

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  2. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
  3. 空室対策トピックス

    コンサルティング会社
    空室対策の会社選びの3つポイント
  4. 空室対策トピックス

    空室対策ミスマっチ
    空室対策のもっとも簡単な方法
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES