子育て世帯の入居者イメージ

子育て世帯を受け入れよう(No.05)

子育て世帯を受け入れよう

前回は「シングルマザーを受け入れよう」でした。ちょっと変わった家庭は、なんとなく不良入居者化する不安を感じてしまいます。ですが、上場企業の正社員なら不良入居者化しない保証はありません。冷静に考えましょう。

さて、第5回は「子育て世帯を受け入れよう」です。

2DK や 1LDKの間取りの物件の場合、子供のいる世帯の入居を断る大家さんがいます。もともと単身者か夫婦2人だけの入居を想定している間取りだからとの理由もあります。しかし、その間取りでも夫婦と子供の3人で住みたいとの入居希望者もいます。一体、そうした大家さんは何を心配しているのでしょうか?

それは騒音トラブルを嫌ってのことです。このトラブル、どのようにして解決していくのでしょうか?

きちんとしつけをすることが重要!

子供がいると泣き声がうるさかったり、ドタバタ暴れたりして騒音のクレームなり得ます。その結果、トラブル対応に追われたり、周囲の入居者が退去したりするのを恐れているのです。また、廊下や階段で遊ばれると迷惑だし、万が一事故が起きたときに責任問題になる、との懸念もあります。とはいうものの、子供がいること自体が悪いわけではありません。親がきちんとしつけをしないのが原因です。

そこで、入居前に詳細な注意事項を、書面で提示して承認してもらいます。そして、定期借家契約とします。「ルールを守らないと再契約できない場合がある」とします。

長く住み続けたい住環境を提供しよう!

家族みんなで長く住みたいと思うような素敵な住まいなら「言うこと聞かないと、この家出ていかないといけないよ!」と親は子供にしつけができます。大家さんは、素敵な住まいを提供することで、子供の教育にも貢献できるのです。

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、将来の日本を担う子供たちのいる家族を応援してあげましょう。親も子供も住み続けたいと思う素敵な住まいを提供してあげましょう。その努力は、必ず入居者さんに伝わります。そしてルールを守ってくれることと、長く住み続けてくれることでお返ししてもらえます。

さて、次回は、障がい者の入居リスク管理方法を紹介します。

空室にお困りなら空室診断から。どのような診断方法なのか、事例紹介動画をご覧ください。今なら半額、さらに現地訪問しての空室診断無料で受けられる特典付き。詳しくはこちらです。

事例紹介動画の詳細はこちら

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 今すぐ出来る空室対策

    被災者に住まいを提供しよう(No.01)

  2. 大家さんの身の振り方イメージ

    今後の大家さんの身の振り方(No.28)

  3. 家賃下落イメージ

    家賃下落の対抗策(No.24)

  4. 入居ルールイメージ

    空室を作らないポイント(ソフト編)(No.23)

  5. パートナー選びのイメージ

    パートナー選びのポイント(前編)(No.25)

  6. 障がい者の入居者イメージ

    障がい者を受け入れよう(No.06)

  7. 注意点イメージ

    間口を広げることの注意点(No.12)

  8. ステージングした部屋のイメージ

    ありきたりな部屋でも選ばれるテクニック(No.19)

最近の記事

  1. 空室対策トピックス

    古びたキッチン
    空室対策でキッチンをどうするか間取別3つの対処法…
  2. 空室対策トピックス

    仕事に悩む女性
    空室対策に管理会社の変更は有効か
  3. 空室対策トピックス

    コンサルティング会社
    空室対策の会社選びの3つポイント
  4. 空室対策トピックス

    空室対策ミスマっチ
    空室対策のもっとも簡単な方法
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES