11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

今回は

なぜ普通借家契約は
貸主にとって

これほどまでに
理不尽なのか?

を説明します。

 

結論を言うと戦時立法なのです。

 

戦時中の特殊な社会で
作られた制度なのです。

 

当時はほぼ借家の時代。
当時の賃貸借契約は
今でいう定期借家契約です。

契約で定めた期間だけ
家を貸す契約です。

その後は貸主借主で
再契約したり
契約満了したり
といったものです。

 

さて戦時中ですから
お父さんは戦争へ出向きます。

 

このとき

残された家族の住まいが
不安定では
お父さんは不安です。

そこで

家賃の値上げを禁止したり
契約満了による立ち退きが
できないようにしたり

と法制化したのです。

 

その後

戦争が終わっても
住宅難は続いたので
法律は変わらず。

 

こうした経緯で
戦時立法であった
賃貸借契約で

法定更新や正当事由制度が
今でも続くものになったのです。

 

戦時立法ですから
やはり平時は
おかしなことになります。

 

ちなみに

定期借家制度は
平成12年3月に
施行されました。

当時は

4年後を目処に見直す

となっていましたが
平成30年を過ぎても
未だ見直しはされていません。

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供、各種同行サービスなどが受けられます。まずは、おトクなメルマガ登録を。そして、初めてセミナーにお越しくださいね。

関連記事

  1. 29:自分で契約する方法

  2. 22:元付業者対策

  3. 10:法定更新制度

  4. 04:定期借家活用方法

  5. 14:定期借家徹底比較!その1

  6. 28:定期借家制度改正の方向

  7. 23:客付業者対策

  8. 07:普通借家の悪夢

最近の記事

  1. 不動産投資

    新型コロナウイルス
    コロナショックによる競売と任意売却と不動産価格の…
  2. 不動産投資

    不動産投資の投資基準のイメージ
    不動産投資の投資基準(判断基準)は一朝一夕には出…
  3. 大家の会の活用方法

    高額セミナーイメージ
    高額塾・大家塾・大家の会で注意したい5つのポイン…
  4. 不動産実務検定

    アパート・マンション経営の失敗
    アパート・マンション経営で失敗する5つの理由と回…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES

実家活用大百科
東京大家塾's SHOP