11:なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)

なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから) なぜこうなった?(大正10年旧借家法スタートから)[/caption] 戦争で狂う 1939(昭和14)年 地代家賃統制令(第二次世界大戦) 値上げ不可→契約終了→再契約時に礼金を取る(抜穴) 1941(昭和16)年 借家法を改正(太平洋戦争) 借家契約の更新拒絶は、正当事由が必要(抜穴を塞ぐ) 戦中の法改正で借家人の権利が強化(法定更新制度化) 戦後の住宅難のため特別な法律が継続 地価、高騰のため高額の立退料でも問題なかった(昭和30年代頃~) 弱者保護の意識強化で改正できず バブル崩壊で再び狂う 業者主導で議員立法で平成12年3月法改正 4年を目処に見直すとされているが・・・ 平成23年5月現在 改正なし]]>

The following two tabs change content below.
ノウハウがあっても、一人では、なかなか行動できないもの。そんなあなたは、東京大家塾にご入会を。私や仲間たちといっしょに実践していきましょう。個別相談・グループコンサル、テンプレートの提供などが受けられます。詳しいサポート内容はこちらです。

関連記事

  1. 10:法定更新制度

  2. 17:普通借家→定期借家は合法

  3. 03:定期借家契約でも普通に契約できる

  4. 24:入居者に嫌がられないか?

  5. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  6. 28:定期借家制度改正の方向

  7. 定期借家0001

    01:長く住みたい住まいをつくろう!

  8. 20:業者とお客様の心理を知る

最近の記事

  1. 土地から新築企画入門

    土地から新築企画入門10級|最も住んでほしい入居…
  2. 再生ビジネス入門

    再生ビジネス入門10級|建築基準法の考え方を学ぶ…
  3. 全空対策

    新築対策10級|最も住んでほしい入居者属性を決め…
  4. 長期入居促進

    満室対策10級|定期清掃のレベルアップを図る
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES