定期借家

07:普通借家の悪夢

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

普通借家契約には
見えない負債があります。

それは立退料です。

建て替えの時
不良入居者を追い出したい時

何れにしても

普通借家契約の場合は
入居者がゴネると
立退料の話になります。

 

例えば、家賃滞納。

督促しても逆ギレされたり
連帯保証人には知らんぷりされたり。

不動産管理会社は
督促事務はやれるものの

法律問題に発展すると
弁護士法違反になるので
手出しができなくなります。

そこで弁護士に相談して
契約解除の訴訟をします。
もちろん弁護士費用が掛かります。

そして

勝訴の判決を勝ち取っても
入居者が自主的に
退去する保証はありません。

そうなれば

強制執行することに。

これまたお金が掛かります。

なぜ

貸したものを返してもらうのに
こんなに苦労しなければ
ならないのでしょうか・・・?

関連記事

  1. 02:定期借家とは

  2. 22:元付業者対策

  3. 定期借家0000

    00:定期借家実践講座

  4. 26:事例その2|どうせなら、やっぱり角部屋!出窓もあって明るくて開放…

  5. 15:定期借家徹底比較!その2

  6. 14:定期借家徹底比較!その1

  7. 13:定期借家の誤解2

  8. 16:定期借家契約締結上のルール

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES