女性カメラマン

20Stepステップコンサル

ペット可物件八段|ポータルサイトの掲載写真を更新する

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

ポータルサイトの写真をステージングした部屋の写真と入れ替えよう。

写真は大家さんから提供する

ステージングした部屋の写真は、大家さんから管理会社や仲介会社に提供しよう。中には、自社で撮影した写真でないと使用してはいけないような社内ルール(?)のある会社もあるが、多くの不動産会社は喜んで使ってくれるだろう。なぜなら、やっぱり写真撮影は面倒だからです。

写真は広角レンズのカメラで撮る

せっかくステージングしたお部屋です。少しでも見栄え良く撮影したいもの。そこで、少なくとも広角レンズのデジタルカメラで広い範囲が写るように撮影しましょう。Amazonで「広角 デジカメ」で検索すると安いもので1万円程度からあります。ちなみに私が愛用しているカメラはこちらです。

だいぶ古い機種ですね…24mmの広角レンズ搭載です。数字が小さいほど広い範囲が映ります。24mmくらいの性能のレンズのカメラならなんでもいいです。こうしたカメラで撮影すると、4畳半の部屋でも6畳くらいの部屋のように映ります(笑)。これは重要ですよ!! あまり広角すぎるレンズだと不自然な映り方になりますので注意してください。

写真の提供はネットからダウンロードしてもらう

多くの不動産会社に写真を提供するのですが、USBメモリに入れて、それを渡してコピーしてもらうのがカンタンです。ですが、奥のパソコンと接続し合うので、若干ですがコンピュータウイルスが心配です。そこで、物件ホームページからダウンロードしてもらうのも1つの方法です。これなら不動産会社に訪問しなくても写真提供できます。


ペット可物件セミナー

ペット可物件セミナー

空室にお困りならペット可はひとつの解決策。ですが、やはりリスクはありますので、しっかりとリスク管理の準備をしたいもの。具体的には、募集前募集時契約時運営時の準備があります。より詳し内容や事例、書式については、動画セミナーで紹介しています。詳しくはこちらです。

詳細・お申し込みはこちら

関連記事

  1. ペットと高齢者

    ペット可物件3級|入居審査用ペット飼養状況アンケートシートを作成する

  2. ペット物件イメージ

    ペット可物件10級|ペット飼育条件を作成する

  3. インターネットで確認

    ペット可物件四段|ポータルサイトの掲載情報を修正する

  4. 怖い犬のイメージ

    ペット可物件6級|家財保険の特約を確認する

  5. ペットと女の子

    ペット可物件六段|仲介会社に周知して回る(その1)

  6. ペットの猫のイメージ

    ペット可物件8級|家賃・管理費・敷金を見直す

  7. 犬

    ペット可物件4級|犬種リストを作成する

  8. ペットの犬

    ペット可物件9級|原状回復時に施すペット向けの設備の導入を検討する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES