フェレット

20Stepステップコンサル

ペット可物件初段|重要事項説明書の特記事項を決める

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

重要事項説明書に記載する内容を決めましょう

これまでに準備してきた内容を入居者予定者に口頭はもちろんのこと、書面でも説明し、記録に残します。そのための書類が重要事項説明書です。記載方法としては、2つの方法があります。1つは、住居の重要事項説明書の特記事項に記載する方法。もう1つは、ペット飼育に関する重要事項説明書として独立させる方法です。

住居の重要事項説明書の特記事項に記載する

こちらが一般的な方法です。住居の特記事項と併記されるので、冗長になるのは否めませんが、書類の数が増えるわけではないので、そういう意味ではシンプルではあります。犬と猫のみを想定するなら、こちらのシンプルな方式をおすすめします。

ペット飼育に関する重要事項説明書として独立させる

住居の重要事項説明書と独立させることで、より重要性を高めることができるメリットがあります。ですが、書類の種類が増えるので、入居予定者としては逆に混乱することがあるかもしれないのがデメリットです。ですが、これくらい慎重に手続きする方が望ましいとも言えます。犬や猫だけでなく、幅広いペットを想定する場合は、こちらの方式をおすすめします。


ペット可物件セミナー

ペット可物件セミナー

空室にお困りならペット可はひとつの解決策。ですが、やはりリスクはありますので、しっかりとリスク管理の準備をしたいもの。具体的には、募集前募集時契約時運営時の準備があります。より詳し内容や事例、書式については、動画セミナーで紹介しています。詳しくはこちらです。

詳細・お申し込みはこちら

関連記事

  1. ペット可物件五段|物件ホームページを作成または更新する(その1)

  2. ペットと女の子

    ペット可物件六段|仲介会社に周知して回る(その1)

  3. インターネットで確認

    ペット可物件四段|ポータルサイトの掲載情報を修正する

  4. 犬

    ペット可物件4級|犬種リストを作成する

  5. 不動産屋

    ペット可物件十段|仲介会社に周知してまわる(その2)

  6. 怖い犬のイメージ

    ペット可物件6級|家財保険の特約を確認する

  7. 犬のステージング

    ペット可物件七段|ペットイメージのステージングをする

  8. ペットと高齢者

    ペット可物件3級|入居審査用ペット飼養状況アンケートシートを作成する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES