20Stepステップコンサル

空室対策二段|現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居者属性を決める

The following two tabs change content below.
宅建士/AFP/PMP®など。不動産オーナー向け教育事業、東京大家塾(2006年〜)や不動産実務検定®認定団体J-REC理事・東京第1支部長・認定講師(2008年〜)として累計3万件以上の不動産投資・活用・トラブル相談の経験から失敗しない不動産活用を体系化。Google★4.8/215件〜・Udemy講師★4.2/972名〜・ココナラ個別相談★4.9/123件〜。著書/共著17冊・講演実績全国25団体〜・寄稿/取材協力多数。

最新記事 by J-REC公認不動産コンサルタント 大友哲哉 (全て見る)

理想的な入居者像、お持ちですか?

東京大家塾の「空室対策・段位認定コース」の二段は「現在及び過去の入居者の属性表を作成し最も住んで欲しい入居者属性を決める」ことです。

ちなみに、2021年12月の東京大家塾の会員さん(6ヶ月以上在籍)の空室率は2.2% でした。

二段のねらいは、モノ(物件)ではなく、ヒト(入居者)に、フォーカスすることです。

このあと、四段で空室のドレスアップ(ステージング)をするにあたり、モノではなくヒトからの逆算でデザインすることになります。

その第一歩として、過去〜現在の入居者属性をリストアップします。入居申込書や契約書からピックアップしましょう。わかる範囲で大丈夫です。

次に、リストの中で、ベストな入居者を一人選びます。マーケティング用語でペルソナと呼ばれる、理想的なお客様となります。地味ですが重要ですよ。

レッツチャレンジ!

追伸

私の主宰する東京大家塾の会員さんには、過去〜現在の入居者さんの属性の一覧表をベースに、ペルソナづくりのディスカッションをすることでサポートしています。

関連記事

  1. 空室対策3級|保証書を設置する

  2. 空室対策6級|天井の照明器具とレースのカーテンを設置する

  3. 空室対策三段|入居審査の基準表を作成する

  4. 空室対策2級|飴を設置する

  5. 空室対策九段|定期借家契約について管理会社と打ち合わせをする

  6. 空室対策1級|入居のしおりを設置する

  7. 空室対策4級|POPを5種類以上作成して貼る

  8. 空室対策8級|メジャー・拡大間取図・ボールペンを設置する

最近の記事

  1. 不動産実務検定

    大家さんが取るべき資格5選
    大家さんが取るべき資格ベスト5
  2. 投資手法の選び方

    物件選びのマトリクス図イメージ
    不動産投資の一歩目が踏み出せない理由と解決する2…
  3. 投資手法の選び方

    物件選び統一基準決定戦2023
    物件が買えない3人の悩み。シンプルなマトリクスで…
  4. 不動産投資ルーキー

    資産形成
    図解|資産形成したいと副収入が欲しいはトレードオ…
人気の記事 注目の記事

ARCHIVES